資料請求 close
検索
資料請求

News

【富山の食文化を学ぶ】2年生の学外研修を実施しました

2019年05月21日食物栄養学科

 2019(令和元)年514日(火)、 食物栄養学科2年生が、富山市内で学外研修を行い、島川あめ店、源ますのすしミュージアム、五万石千里山荘、富山県美術館を訪問しました。

■島川あめ

 富山県の主要産業として栄えた薬業に関連して、富山県ではあめ造りも発展してきました。

 その伝統を受け継ぐ島川あめ店の製造工場で、麦芽あめの製造工程の見学と体験を行いました。

DSCN0723.jpg

■源ますのすしミュージアム

 富山県の伝統的な郷土の弁当として知られている「ますのすし」の歴史や製造工程について説明していただきました。

DSCN0729.jpg

■五万石千里山荘

 昼食に薬膳料理をいただきました。富山の旬の食材に加えて、体に良いとされる食材を生かした料理をいただくことで、富山の食文化や薬膳の考え方についての学びを深めることができました。

DSCN0735.jpg

 午後からは、富山県美術館を訪れて絵画や美術品などを見学し、感性を豊かにする時間を過ごしました。

 富山県の歴史とともに発展してきた食の文化に触れることで、学内では学ぶことが難しい貴重な体験をすることができた1日になりました。