資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

三つの方針

三つの方針

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
【健康福祉学科が育成する人材像】

健康福祉学科では、本学科が育成する人材像の到達に向けて以下の学修成果に達し、本学の卒業要件を満たした者に短期大学士(介護福祉学)の学位を授与します。

【「育成する人材」に必要な力】
  1. 高齢者・障害者などへの健康と福祉に関する専門的知識
  2. 人間の尊厳と自立の援助などに求められる技術・技能
  3. 超高齢社会における健康・福祉に関する課題を解決するための思考力・判断力・表現力
  4. 人の幸せについて主体的に生涯学び続ける力
  5. すべての人に受容と共感ができる健全で豊かな人間力
2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
【教育課程編成方針】

健康福祉学科が目指す人材像を育成するために、次の3つの分野の教育を編成し実施します。

  1. 介護福祉士養成に必要な専門教育
    利用者の「尊厳の保持」と「自立支援」の考え方をふまえ、生活を支えるための「介護」、介護を学ぶための基礎となる教養や倫理的態度を養う「人間と社会の理解」、多職種協働や適切な介護の提供に必要な根拠としての「こころとからだのしくみ」の3領域と「医療的ケア」を配置し、人々の生活の質を高めることができる介護福祉士を養成します。
  2. 福祉・介護に関連する幅広い教育
    福祉の理念を幅広く学ぶとともに、福祉・介護に関連する分野で活躍できる福祉住環境コーディネーター、アクティビティワーカーやメディカル・クラーク、ケアクラーク、日商PC検定等、多様な資格取得をめざします。
  3. 人間性豊かな人材を育成する教育
    人間らしい生き方や幸せとは何かについて「健康」を基盤に幅広く学び、学生主体のボランティア活動を通して、豊かな人間性を育くみます。また、介護現場のリーダーとして活躍できる人材を育成します。
【教育課程実施方針(教育内容・方法)と学修成果の評価方法】

2年間にわたり、上記の教育を体系的・系統的に実施します。1年次は一般教養と介護の基礎を、2年次は専門教育と資格取得を重点的に行います。

【学修成果の評価】

各教科目の成績評価は、シラバスに示された評価方法により、学修成果別評価基準(ルーブリック)に沿って、厳正に行います。学期毎及び累計のGPAを算出し、総合成績評価を行います。

3.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
【全体方針】

健康福祉学科では、生涯にわたる幸福の基盤である健康を柱に、人々の暮らしを支えるケアワークやソーシャルワークの専門職の養成と、豊かな生活を提供するビジネスパースンとして活躍できる人材の養成をめざしています。そのため、健康の保持増進、人間と社会に関する幅広い学びを基礎に、心身の状況に応じた生活支援や介護・医療的ケアの知識と技術を身につけるとともに、社会保障や福祉援助をめざす分野、医療事務・介護事務や福祉関連産業等の分野でも活躍できるためのカリキュラムを提供しています。

この教育目的・教育方針に基づき、本学科では、次のような人の入学を希望します。

【求める人物像】
  • 人の幸せと社会のあり方に関心を持ち、多様な生き方や価値観を尊重できる人。
  • 健康の保持増進等、自立の基盤となる健康づくりに高い関心を持つ人。
  • 人々の命と暮らしを支える福祉・介護・ビジネスについて学ぶ意欲を持つ人。
【高等学校で習得しておいてほしい内容】
  • 国語総合(現代文)の基礎的な内容を身につけ、読む、書く、聞く、話すといったコミュニケーション能力の基礎を身につけている。
  • 家庭科の基礎的な内容を身につけ、「自立と支え合い」の生き方を学び、実践しようとしている。
  • 学校内外での諸活動(ボランティア活動を含む)、各種資格や検定(漢字、英語やPC検定等)の取得に積極的に取り組んでいる。

取得できる学位・免許・資格

学位

短期大学士(介護福祉学)

単位取得により取得できる資格

介護福祉士(国家資格)

「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく名称独占の国家資格で、日常生活に支障がある高齢者や障害者の介護に携わる専門職です。当事者やその家族に、介護に関する指導もおこないます。

日本介護福祉士会 日本介護福祉士養成施設協会

介護福祉士養成校における国家試験の導入について

2017(平成29)年度の卒業生からは、介護福祉士国家試験の受験資格が付与され、国家試験を受験できることになりました。
また、2017(平成29)年度から2021(令和3)年度までの間の、介護福祉士養成施設卒生は、卒業から5年間、国家試験受験の有無に関わらず、介護福祉士の資格を有することとなりました。この卒業後5年間のうちに、国家試験に合格するか、介護等の業務に5年間従事するか、いずれかの条件を満たすことにより、5年間経過後も引き続き、介護福祉士資格を有することになります。

  1. ① 卒業から5年間は、暫定的に介護福祉士資格が与えられます。
  2. ② その間に次のいずれかを満たすことで、正式に介護福祉士資格を取得できます。
    1. a) 卒業後5年以内に国家試験に合格する
    2. b) 原則として、卒業後5年間連続して介護実務に就いている

2022(令和4)年4月1日以降に卒業する学生からは、介護福祉士資格取得には国家試験への合格が必須となります。

介護職員初任者研修

在宅や施設において初歩的な介護ができることを認定します。富山県の指定を受けて行い、1年次の介護の基本的な科目を履修することにより認定されます。

社会福祉主事任用資格

福祉事務所の社会福祉主事や施設の相談員等に任用される場合に必要となる資格です。厚生労働省の指定科目を履修することで取得できます。

アクティビティ・ワーカー

福祉サービスを利用する方々の心身と生活の活性化をめざして、生活支援サービスをする資格です。

資格・検定受検により取得できる資格

福祉住環境コーディネーター資格

高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすく、使いやすい住環境を提案する仕事です。ケアマネジャーや建築士、工務店などと連携して、段差の解消や手すりの設置などといった住まいのコーディネートを行ったり、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品などの提案、適切な使い方のアドバイスをしたりもします。

東京商工会議所 試験情報

メディカルクラーク(医療事務)

診療報酬請求事務業務や窓口業務など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明する資格です。

一般財団法人 日本医療教育財団 医療事務技能審査試験

ケアクラーク(介護事務)

介護事務の仕事をする方に必要な知識と技能のレベルを認定する資格です。介護報酬請求業務や、日常的な事務処理、窓口業務などが主な仕事内容です。特に介護報酬額を正しく計上する正確性は、とても重要な業務です。

一般財団法人 日本医療教育財団 ケアクラーク技能認定試験

日商PC検定3級(文書作成・データ活用)

企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用することができる能力を証明する資格です。

日本商工会議所

健康福祉学科