資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

学びの特徴

学びの特徴

臨床栄養学2年次

臨床栄養学

適切な食の提供と工夫の仕方を学ぶ

栄養状態を改善し治療効果を高める食事療法を学びます。実習では1年次の基礎科目の知識と技術を基に各自で献立を作成します。班員で1日分の献立を調理して試食。量・味・色彩等を見直した気づきが学修の成果です。

栄養学総論1年次

栄養学総論

栄養と健康の関わりについて学ぶ

食べ物に含まれる成分を人体が活用することを「栄養」と言います。食べ物の成分とヒトの身体のしくみの両面から、理論的に栄養を学んでいく講義です。栄養を知るうえで必須の内容になっています。

栄養指導論1年次

栄養指導論

行動変容をめざした栄養指導法について学ぶ

対象者に応じた健康状態や栄養状態を把握し、課題の明確化を行い、栄養指導の計画立案や指導の実施方法などについて学びます。課題解決のための行動変容をはかる技法や栄養指導に関わる施策についても理解を深めます。

給食管理実習2年次

給食管理実習

実習をとおして実践力を身につける

栄養士業務の要である献立作成から発注、調理、配膳、片付けまでの給食管理一連の流れを理解し体験する授業です。各教科でこれまで学んできた知識や技術をフル活用して、大量調理を学内の給食施設で実習します。

食品衛生学実験2年次

食品衛生学実験

食の安全性について実験をとおして理解する

食品衛生学の講義で学んだ食の安全に関わる要因について、さらに深く理解していきます。微生物や食品中の発がん作用を持つと考えられる化学物質などの定性および定量実験を行っています。

調理学実習1年次

調理学実習

調理技術を身につけた栄養士に

日本料理、西洋料理、中国料理の基礎だけでなく、学びを深めるため外部講師による講習会も実施しています。調理中に起こる変化を科学的に捉えながら、コツをつかみ「調理技術を身につけた栄養士」をめざします。

献立作成実習1年次

献立作成実習

給食のための献立作成ができるようになる

献立作成は、栄養士の大切な業務です。献立作成の基礎から、ひとつずつ学修を積み重ねることで、給食施設での大量調理に適した、健康を考えたおいしい食事の献立が作成できるようになります。

卒業研究2年次

卒業研究

基礎から応用まで研究について学ぶ

各テーマについて少人数グループで研究を行います。その結果を、スライドを用いて発表します。実験・調査計画の立て方、データ収集・分析の方法、論文の書き方などについて実践的なことを学べます。

主に使う教室

第1調理実習室 F館

第1調理実習室

最新の設備を使い、基礎から病態に対応した調理まで、幅広い技能を養います。

官能評価室 F館

官能評価室

食品の「おいしさ」を厳密に評価できる設備が整っています。

食物栄養学科