資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

学びの特徴

学びの特徴

給食管理校外実習2年次

給食管理校外実習

給食業務の特色を体得する

特定給食施設において、栄養士業務を体験し、栄養士の役割や専門性について理解を深めることを目的に実施しています。病院あるいは高齢者福祉施設において、2週間の実習を体験します。施設利用者に最適な献立の作成から、大量調理、食事の提供の現場を体験し、実践力の養成を行っています。

栄養教育実習2年次

栄養教育実習

栄養教諭の教育活動を学ぶ

学校栄養指導論などでこれまで学修し、準備してきた指導案や教材をもとに、富山県内の小学校・中学校で授業実習を行い、実践的な指導力を養います。児童生徒と直接関わり、栄養教諭としての教育活動を体験することで、教育の楽しさ、難しさ、奥深さなど、実践して初めてわかる貴重な経験ができます。

栄養学総論1年次

栄養学総論

栄養と健康の関わりについて学ぶ

食べ物に含まれる成分を人体が活用することを「栄養」と言います。食べ物の成分とヒトの体のしくみの両面から、理論的に栄養を学んでいく講義です。栄養を知るうえで必須の内容になっています。

応用栄養学1年次

応用栄養学

ライフステージに応じた栄養管理をマスター

栄養士が活躍する分野は、妊娠期から授乳期、新生児期、乳児期、幼児期、学童期、思春期、成人期、高齢期と多岐に亘ります。応用栄養学では各ライフステージに適した栄養摂取の方法や生活習慣に加えて、運動時や特殊環境下における代謝の変化、それに伴う栄養摂取の方法について学びます。

食品衛生学1年次

食品衛生学

食の安全に関わる要因について学ぶ

食品の安全(衛生)に関わるさまざまなトピックス(微生物、放射性物質、残留農薬、食品添加物等)について講義形式で解説します。将来、栄養士として仕事に従事する場合はもちろん、健全な食生活を維持していくためにも大切な授業です。初めて聞く言葉が多いと思いますが、一つひとつわかりやすく解説します。

調理学実習1年次

調理学実習

調理技術を身につけた栄養士に

料理をおいしく作るには、調理学の基本的知識と調理操作で起こる現象を一体化させ、科学的に捉えることが大切です。調理学実習では、日本料理の基礎から行事食、西洋料理、中国料理、郷土料理を調理し、外部講師による講習会も実施しています。楽しく学びながら「調理技術を身につけた栄養士」をめざします。

学校栄養指導論1年次

学校栄養指導論

食に関する指導のスキルを修得

小・中学校で勤務する栄養教諭二種免許取得のための教養に関する講義です。2年次に行う教育実習に向けて必要な食の指導のスキルはもちろん、栄養教諭の歴史や給食時間などに行う際の指導案作成や教材の在り方など学びます。担当教員は、栄養教諭免許を有し現場経験があるため、即実践力につながる指導内容となっています。

献立作成実習1年次

献立作成実習

少人数で献立の作り方を基礎から身につける

1クラス約40人の少人数授業で、教員2名が担当します。献立作成は調理・給食の要になるので、献立作りの「こつ」を初歩から懇切に指導します。さらに、全国的に有名な栄養計算ソフトを使用して、自作した献立の栄養計算を評価し、必要な栄養摂取の基準を満たすような献立を練り上げていきます。

食品衛生学実験2年次

食品衛生学実験

食の安全性に関わる要因について実験をとおして理解する

食品衛生学の講義で学んだ食の安全に関わる要因について、さらに深く理解していきます。微生物や食品中の発がん作用を持つと考えられる化学物質などの定性および定量実験を行っています。

給食管理実習2年次

給食管理実習

実習をとおして実践力を身につける

栄養士業務の要である献立作成から発注、検収、調理、配膳、片付けまでの給食管理一連の流れを理解し体験する授業です。経験したことのない大量の調理を学内の給食施設で実習します。各教科でこれまで学んできた知識や技術をフル活用して、校外実習でその力を発揮できるよう、実践力を身につけます。

生化学実験2年次

生化学実験

栄養学総論・生化学で学んだ知識をより確かなものに

生化学実験では栄養学総論・生化学Ⅰ・生化学Ⅱの授業で学んだ知識を、実験をとおして確実に身につけていきます。糖質・たんぱく質・脂質の消化実験では、消化のしくみと酵素の性質と働きを確認します。また食品中の各種ビタミン含有量を求めたり、さらに食品中の窒素の定量からたんぱく質量を求める実験も行います。

卒業研究2年次

卒業研究

基礎から応用まで研究について学ぶ

各テーマについて少人数グループで研究を行います。その結果を、スライドを用いて発表します。実験・調査計画の立て方、データ収集・分析の方法、論文の書き方などについて学ぶことができます。

臨床栄養学2年次

臨床栄養学

適切な食の提供と工夫の仕方を学ぶ

病気や症状を把握して「食べる力」を生かすためにはどのような対応が望ましいかを学びます。食品の栄養と特性を考慮し、適切な量、味や色彩を整えた献立作成や、調理実習をとおして学修します。

食物栄養学科の
ここがスゴイ!

ここがスゴイ!
学びを深めるために
整えられた
調理・研究設備がスゴイ!

新しくきれいで設備の整った校舎で学べることは、やはりスゴイ、最高です!調理実習などで使う調理室は、明るく開放的で、料理を作る楽しさも倍増。調理を教えてくださる先生の手元をテレビカメラで映し、大きなモニターで見ることができます。一度に150食以上の給食を作ることのできる給食実習室も完備しています。また、食品や栄養の研究に使用する研究設備や機器が整っていることにも驚きました。Tomitanには、専攻科食物栄養専攻があるので、四年制大学に相当する研究設備や機器が整っているそうです。すぐ隣の建物には、コンビニや学生食堂もあり、快適な学生生活を送ることができます。

ここがスゴイ!
経験豊富な
先生方から学べる
社会に出ても役立つ
技術がスゴイ!

Tomitanでは、現場経験の豊富な先生方から多くの学びを得ることができます。総合病院や学校などで管理栄養士として活躍してこられた専任の先生方からは、生きた技術を学ぶことができます。そんな先生方の授業は、説得力と臨場感に溢れています。また、医師免許を持つ先生の授業は、身体のしくみを詳しく学ぶことができます。研究室に行けば、先生方はわからないことをやさしく丁寧に教えてくださいます。ほとんどの先生方は、管理栄養士をめざす専攻科食物栄養専攻の授業も担当されているので、管理栄養士の国家試験を見据えた基礎知識を学ぶことのできる授業内容になっているところもスゴイです。

ここがスゴイ!
栄養士免許を生かした
高い専門職
就職率がスゴイ!

Tomitanは富山県で唯一の栄養士養成校で、就職率は毎年ほぼ100%です。栄養士として給食会社、病院、福祉施設、保育所などに就職し、栄養バランスの取れたメニュー作成などをとおして、地域の人々に健康な食生活を提供しています。また、製薬会社や食品会社の品質管理として就職する学生もいます。就職率の高さはもちろんですが、2年間で学んだ知識や技術を生かした専門職就職率の高さが大きな特徴です。また就職だけではなく、専攻科や四年制大学へ進学し、管理栄養士免許の取得をめざす学生もいます。

就職や進学など、「なりたい自分」に合わせて多様な進路選択をできることがTomitanの大きな魅力です!

ここがスゴイ!
充実した2年間を送る
学生たちの学ぶ姿勢が
スゴイ!

Tomitanの2年間では、栄養士として必要な専門的知識や技術とともに、サークルやボランティア活動をとおして、積極性と実行力が磨かれています。授業では、さまざまな外部講師の方から、高度な技術を学ぶことができます。またボランティア活動のなかには、食をとおして子どもたちや地域の方との交流を深められる機会もあり、将来栄養士として生かすことのできる多くの発見や経験ができています。

さらに、Tomitanでの学びを生かして、コンテストや地域・企業とのコラボレーションに参加することもできます。自分でレシピを考えて提案することは、感性や創造力を養うことができ、成長につながっていると感じます。

ここがスゴイ!
トミタンスイーツラボを
とおした地域との
交流活動がスゴイ!

トミタンスイーツラボは、「栄養士の卵たちのチカラ」をコンセプトに、食にまつわるさまざまな活動を行う学生ユニットです。活動内容は随時学生が主体となって考え、現在までに、県内児童福祉施設での食育交流活動と、大学祭での自作スイーツの販売を行いました。食に関する知識を深めるだけでなく、責任感やコミュニケーション能力を育む学びの場にもなっています。

主に使う教室

第1調理実習室 F館

第1調理実習室

最新の設備を使い、基礎から病態に対応した調理まで、幅広い技能を養います。

官能評価室 F館

官能評価室

食品の「おいしさ」を厳密に評価できる設備が整っています。

食物栄養学科