資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

メッセージ

学科長メッセージ

学科長

学科長中山 里美

素直な心とふれ合う日々が、自分を育み、未来を広げてくれる。

少子化・家族の多様化など子どもや家庭を取巻く環境が大きく変化するなか、保育者には、子どもの育ちを援助し、保護者の子育てを支援し、地域で子どもを育む環境づくりに努めるという幅広い役割が求められています。そのため、保育者は専門職としてさまざまな知識と技術および判断力を身につける必要があります。

幼児教育学科では、各分野にわたる学習と充実した実習をとおして、知識・技術や判断力はもちろん、優れた感性と子どもへの深い愛情という豊かな人間性を備えた保育者の養成をめざします。

在学生メッセージ

幼児教育学科1年 中山 美優 さん

実践的な授業、実習をとおして、保育に関する専門的な知識や技術を学んでいます。

Tomitanのオープンキャンパスに参加し、明るい雰囲気と、保育や子どもについて実践的に楽しく学ぶことができると感じ、進学を決めました。

音楽表現技術の授業では、童謡曲をピアノで弾いたり、歌に合わせて振り付けを考え、発表したりします。

私はピアノを弾くことが好きなので、先生や友達と一緒に、ピアノの演奏をすることが楽しいです。2年間の学びや、実習で得た気づきを大切にして、卒業後は富山県内で保育者になりたいと考えています。

卒業生メッセージ

Tomitanで学んだ教科書やノートを見て、働きだした今もヒントをもらっています。

認定こども園で保育教諭として3歳児の担任をしています。クラス担任として朝の会、主活動(製作や散歩など)、給食の配膳などクラスの子達と過ごしています。富山短期大学では、特にみどり野幼稚園での観察実習で先生方の動きを客観的に見られたことで、洞察力が身につきました。保育について迷ったり、悩んだりした時には学生時代の教科書やノートを見てヒントをもらったりしています。

県内 幼稚園勤務 幼稚園教諭

子どもたちができることを増やせるよう支援しています。

医療型障害児入所施設で、肢体不自由児や重症心身障害児の療育や生活支援・余暇支援を行っています。一人ひとりとじっくり関わることで、得意なことを見つけて生かしながら、できることを増やしていけるよう支援しています。成功体験を積み重ねて、成長していく子どもの笑顔を見られることがこの仕事の魅力です。

富山短期大学では、保育士・幼稚園教諭になるために必要な知識・技術はもちろん、多くの行事活動をとおして豊かな感性を育むことができました。それが今に生きていると思います。

公立病院内子ども支援センター勤務

授業も実習も魅力ですが、仲間や先輩や先生方が宝物です。

保育園でクラスの主担任をしています。仕事の内容は主に日中は子どもたちと一緒に遊び、午後からは給食・午睡の援助など、子どもたちの遊びと生活をサポートしています。

富山短期大学に進学した理由は、オープンキャンパスへ行き、学科の魅力や雰囲気、就職率の高さを知って決めました。今後の知識や経験になっていく授業や実習も魅力ですが、楽しい仲間や頼りになる先輩、親身に相談に乗ってくださる先生方との出会いも宝物です。


公立認定こども園勤務

すべての授業が今に役立っています。

社会人になってから、学校での勉強で不要なものは何ひとつなかったと痛感しました。今は児童の入退所や保育所運営などに関する仕事をしていますが、日々成長する子どもたちの姿を間近で見られ、その成長のお手伝いができることが、保育士ならではの魅力。子どもたちや保護者の方の笑顔を見ると、やりがいを感じます。

公立保育所勤務

学生時代も今も、同期は大きな支えです。

「子どもが好き」という理由で入学し、夢を叶えた今は保育者として子どもたちと一緒にいろいろなことを経験しています。授業で覚えた手遊びも実習での学びも今に大いに役立っています。また、同期の男性4人に出会えたことも財産。学生時代はともに夢に向かって頑張り、今も保育に関して相談し合える大事な仲間です。

保育園勤務

短大時代は、いつも一番前の席に座るようにして、積極的に自分から勉強していました。先生の「人には乗り越えられない壁はない」という言葉には、就職した後も励まされていますね。先生も友達もとてもあたたかくて、学びやすい環境が整っていたと思います。いま大切にしているのは、子どもを好きになり、信頼すること。悪い部分だけを見るのではなく、一人ひとりの良いところを認めてほめてあげること。子どもが友達に思いやりや優しさを見せてくれた時はとてもうれしいですね。毎日が勉強ですが、一緒に成長していけたらと思います。

県内 保育園勤務 保育士

全ての基本は大学で学んだ、そういえるくらい私にとって富山短大での2年間は貴重で充実したものでした。まだ男性の保育士は少ないですが、男性ならではの個性を生かせる仕事だと思います。自分という人間が、子どもという人間と接するわけですから、大切なのは人間性なんですね。これからもっと、自分自身の人間性を磨いて、子どもたちとともに成長していきたいですし、保護者からの質問にも的確に答えられる知識を身につけていきたいですね。

県内 保育園勤務 保育士

この2年間は、授業や実習で忙しい毎日でした。しかし、幼稚園教諭や保育士の勉強をしていくうちに、もっと学びたい、素晴らしい人になりたいという気持ちが高まっていきました。この学校に来て先生に恵まれ、友達にも恵まれ、とても幸せでした。トミタンの幼教での生活は、私に一生分の自信と勇気をくれたと思います。この大学で学ぶことができて本当によかったです。

県内 幼稚園勤務 幼稚園教諭

富山短大の創成期に学び、今からみんなで創りあげていこうというエネルギーを強く感じました。一番の思い出は、人形劇のサークルで仲間と熱心に活動したこと。先生方の親身な指導や、授業で本物に触れることができた感動も、やはり忘れることができません。現在の所長としての大切な役割は、地域の人とのコミュニケ-ションとネットワ-クづくり。保護者から地域から信頼される保育所であることです。富山短大の卒業生は皆さん優秀で、同窓生としてもうれしい限りです。子どもたちの成長のよろこびを、今後も一緒に味わっていけたらと思っています。

県内 保育所 所長

幼児教育学科の創成期に学びましたが、みんな本当に一生懸命勉強していたことを思い出しますね。現在は、市内の2つの幼稚園の園長をしています。幼稚園の役割として、子どもたちの教育はもちろんのこと、地域の方との結びつきがとても大切です。近くのデイサービスセンターに月1回出かけてお年寄りと交流したり、既設のお祭りやイベントの際には、さまざまな援助をしていただくことも多いんですよ。普段外で遊ぶことが少なくなっている子どもたち。散居の豊かな風景の中を散歩して、自然の素晴らしさや、地域の良さに、もっと気づかせてあげたいですね。

県内 幼稚園 元園長

私は幼児教育学科の草創期に学びました。当時は授業のあり方を模索する状態でしたが、先生方は誠心誠意で私たちに向き合ってくれました。今も短大の先生方にお会いする機会がありますが、そうした「一生懸命さ」は昔も今も変わらないと感じますね。私はここで園長を務めて2年目になります。若い頃に担任した子が大きくなって訪ねてきてくれたり、担任した子が親になってその子どもが入園してきたり。こうしたことは他の職業では味わえない幸せだと思います。

県内 幼稚園 元園長

幼児教育学科