資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

学生生活サポート

学生生活に関すること

学生支援課では、学生生活全般についてサポートしています。

担任制・オフィスアワー

学生が専任教員の研究室を自由に訪ねることができるオフィスアワーを設けています。また、担任制を実施していますので、学修や就職、学生生活での心配事などいつでも相談に応じます。安心して学生生活が送れるようにしっかりサポートできる体制が整っているのも本学の大きな特徴です。

アルバイト

アルバイトをするときは、本学の学生であるという自覚をもって行動し、学業の妨げにならないようにしてください。学校に届いたアルバイト求人票は、G館学生ホール自販機そば掲示板に掲示しますので、直接求人先へ申込んでください。
<アルバイトをするうえでの注意>
危険をともなうもの、ウイルス感染を含む健康を害するもの、深夜におよぶもの、風俗営業などは、禁止します。

盗難・遺失物・拾得物

貴重品の管理は各自で行ってください。万一盗難にあった場合は、現場をできるだけそのままに保存し、速やかに学生支援課へ届け出てください。また、遺失物・拾得物は、学生支援課または各学科事務室へ届けてください。拾得物は3か月保管し、該当者がいない場合は例え高価な品物であっても処分します。持ち主の特定できる拾得物については、学生支援課または各事務室より連絡いたしますので、なるべく持ち物に氏名を書くようにしてください。

トミタンアワー

トミタンアワーとは、学生会活動、クラブ・サークル等の課外活動の活性化を促進するために設定した、学生と教職員が学科、学年を問わずに同時に活動できるコアタイムです。平成26年度からスタートし、毎週火曜日の5限に設定しています。さまざまな活動をとおして、充実した学生生活を過ごすことを期待しています。

大学の危機管理について

「災害は忘れたころにやってくる」と言われますが、災害はある日突然に私たちをおそってきます。近年、頻繁に発生している地震や火災による建物崩壊、台風時高潮による家屋の浸水、洪水、崖崩れなどを引き起こし、一瞬にして多くの財産や生命を奪ってしまいます。
このような災害に備えて、予防対策や起きたときの対策を日頃から考えておくことが大切です。学内で発生するおそれのある危機は、地震や風水害などの自然災害にとどまりません。
火災・爆発・学内施設への不審者侵入による殺傷事件、重篤な感染症・集団食中毒などのようにきわめて多岐に及んでいます。普段から危機の把握と発生防止、いざという時に対する事前準備に努め、危機発生時は教職員の指示にしたがって迅速かつ的確に対応をしてください。

大学構内で災害が発生した場合の避難場所はグラウンドです

日頃から心がけること
①防火、防災意識を持つ。
②火気の元栓、電源、消化器、消火栓の位置を確認しておく。
③避難路になる廊下や階段に物品を置かないようにする。
④周辺の建物、危険物等の地理的環境を把握しておく。
⑤避難路、非常口、避難場所の位置を確認しておく。
⑥危険物、可燃物を常に整理整頓して保管しておく。
⑦路上など駐車禁止区域での駐車をしない。

ハラスメント

  1. ハラスメント防止への取り組み
    本学では、異性間、同性間の別なく一人ひとりの個性を尊重し、信頼関係を築きつつ品位のある健全な教育研究、修学およびその他の諸活動を行うことができる環境づくりに取り組んでいます。ハラスメント防止については、「ハラスメント防止対策委員会」が、被害者の救済および問題解決にあたる体制を整えています。
  2. ハラスメントとは
    ハラスメントは不利益や不快を与える人権侵害の言動で、「セクシャルハラスメント」「アカデミックハラスメント」「パワーハラスメント」などがあります。
    • 「セクシャルハラスメント」とは、相手方の意に反する性的な言動により、相手方に不快感その他の不利益を与え、学習、教育・研究又は就業環境を悪化させることをいう。
    • 「アカデミックハラスメント」とは、教育・研究の場における地位又は権力を利用して行う不適切な言動、指導又は待遇により、相手方の学習・研究意欲を低下させ、又は学習・研究環境を悪化させることをいう。
    • 「パワーハラスメント」とは、職場における地位又は権力を利用して行う不適切な言動、指導又は待遇により、相手方の就労意欲を低下させ、又は労働環境を悪化させることをいう。
    • 「その他のハラスメント」とは、前各項以外の不適切な言動であって、相手方に不快感その他の不利益を与えるものをいう。
  3. 相談窓口など
    学生の皆さんが、ハラスメントがあったと感じた場合は、次のような行動を取りましょう。
    ①自分の意思を伝えましょう。
    相手に対して、言葉と態度ではっきりと「こういうことは不快である」ことを伝えましょう。
    ②一人で悩まないで相談しましょう。
    すぐに周囲の人、信頼できる教職員や学生相談室に話して助けてもらいましょう。「意見箱」に投書もできます。「意見箱」は、G館ロビーに設置されています。
    ③記録や証言があれば取っておきましょう。
    証言をしてくれそうな人がいる場合は、証言を頼んでおきましょう。「いつ、どこで、だれから、どのようなことをされたか」などを記録しておきましょう。手紙やメールなどがあれば保存しましょう。

※意見の尊重とプライバシーの保護
ハラスメントの相談では、被害者の保護が第一に重んじられます。話を聞いてもらうだけでよい、という場合でも相談や問題解決に関わった教職員には守秘義務があり、プライバシーは保護されますので、安心して相談してください。

富山短期大学 学生支援課 TEL: 076-436-5457

学級担任、学科長、学生相談室G-103室(木曜日午後)及び健康支援センター、学生支援課


ハラスメント防止等に関する規程[PDF形式]

飲酒について

未成年者の飲酒をしない・させない

未成年(20歳未満)の飲酒は法律「未成年者飲酒禁止法」で禁止されています。周囲に勧められたとしても、20歳になるまではきっぱりと断りましょう。成人してからも急性アルコール中毒を引き起こす無理な飲酒は危険な行為なので絶対にやめましょう。また、未成年者への飲酒をすすめたり、強要することもやめましょう。飲酒は同席した成人には制止する義務があり放置できません。

喫煙について

未成年者の喫煙をしない・させない

未成年(20歳未満)の喫煙は法律で禁止されています。未成年の喫煙は絶対に止めましょう。また、成人の場合でも、自分だけではなく、副流煙によって周囲の人たちに健康被害を与える受動喫煙の問題もあります。喫煙は所定の喫煙所のみで可能です。

SNS(Twitter、Facebook、LINE等)への投稿について

ソーシャルメディアは、多くの情報を得られる等有益なものもありますが、安易な発信や投稿した内容が意図しない形で拡散され、本人だけでなく家族、学校、社会全体に多大な影響を与えることがあります。一人ひとりが自覚を持ち、責任を持って正しく利用をしましょう。

薬物乱用の防止について

大麻を含めた麻薬や覚せい剤などの薬物の使用は、法律で厳しく禁止されており、重い罰を受けます。薬物を乱用すると中毒になり、脳をおかされて、心や身体に危害を及ぼし、一度しかない人生が取り返しのつかないものとなります。
また、これまで築き上げてきた友人や家族との関係をも崩壊させ、みなさんの貴重な学生生活が台なしになります。
本学の学生のみなさんは、薬物の恐ろしさをしっかりと認識し、誘惑には気をつけるとともに、誘われても断る勇気を持ってください。

商業勧誘・政治活動・宗教活動

学生は、学内において、商業勧誘、政治活動、特定の宗教活動を行うことはできません。
もし、みなさんが他の学生から以下に例示するような行為を受けた時には、すみやかに担任に報告してください。
例:商業行為、契約の勧誘・強要、集会への参加勧誘、入信の勧誘など。

悪質な詐欺に注意

振り込め詐欺(「架空請求詐欺」、「不当請求」、「母さん助けて詐欺」等)による不審な電話や文書、メールには、担任または学生支援課へ届け出てください。また日頃から家族と話し合いを持ち、被害に遭わないよう厳重に注意してください。

学生意見箱

富山短期大学の学生が学生生活を送るうえで生じた富山短期大学への意見・要望をくみ取るため「学生意見箱」をG館ロビーに設置しています。
学生による投書は、以下に定める方法により行うものとしています。

  1. 指定用紙に氏名、学籍番号等を明記し、意見箱に投書すること。

施設設備について

学生ホール(食堂・売店)

学生ホールはみなさんのための憩いの空間です。

食堂
メニューはバラエティーに富み、学生が利用しやすい価格となっています。
<営業時間>月〜金 11時00分〜13時30分
※時期によっては短縮営業となることがあります。
なお、新型コロナウイルス感染症防止のため、当面の間は通常の座席数を減らして設置しています。利用ルールを守り、感染症予防を徹底してください。


売店
ホール奥にコンビニエンス・ストア「生活彩家 富山国際学園店」があります。文具、雑貨、日用品、本学指定履歴書も販売しています。
<営業時間>月〜金 8時30分〜17時30分
※時期によっては短縮営業となることがあります。

ロッカー・更衣室

ロッカー

本学では全学生に個人用のロッカーを貸与しています。
新入生は入学式終了後担任から、ロッカー番号の名札が付いている鍵を渡しますので、卒業時まで責任をもって管理してください。なお、故障や鍵の紛失等は速やかに学生支援課まで届け出てください。

更衣室・シャワー室について

G館1階に完備しており9時~20時まで使用可能です。なお、使用の際は次の注意事項を徹底してください。

  • 新型コロナウイルス感染症防止のため、短期間で密にならないように利用すること。
  • 貴重品の持ち込みや飲食行為はしないこと。
  • 節水・節電に努め、使用後は室内を清潔に保つよう心掛けること。
  • タオルや石鹸・シャンプー等シャワー室で必要なものは利用者自身で用意し、シャワー室に放置しないこと。
  • 運動場等屋外の活動後、泥だらけのまま使用しないこと。
  • 毛染めや脱色はしないこと。
  • 使用後は必ずゴミ等は持ち帰ること。

学内施設・設備の使用

課外自主活動で次の施設・設備を使用する場合は、「施設設備使用許可願」を学生支援課へ提出して許可を受けてください。無届による使用は認めません。
<教室・体育館・グラウンド・テニスコート・合宿研修室(茶室)>

学生駐車場情報

学園として学生専用駐車場(許可制)が約380台完備しており、免許取得後4カ月を経過している2年生が優先的に利用することができます。また、1年生からでも利用することができる民間駐車場(有料)が約260台学校周辺に備わっているため自動車通学者には充分な環境が整っています。

自家用車での通学

図書館

開館時間 8:30〜19:00 ただし、9月と3月の授業のない日は17:00まで。
休館日 土曜日、日曜日、祝祭日、12/28〜翌年1/4、夏季・冬季休業中の開館・休館については、その都度お知らせします。
館内利用 図書や雑誌・新聞は、館内で自由に閲覧できます。
館外利用 図書や雑誌を図書館外で閲覧したいときは、貸出手続きをしてください。
貸出手続 借りたい図書に学生証を添えて、カウンターに提出してください。
貸出冊数、期間 5冊、2週間借りられます。

学生のしおり(学生生活関連)

通学

公共交通機関

登校・下校時には、本学と富山駅・小杉駅間に直通バス(富山地方鉄道)が運行されています。
運行時間は学生掲示板に掲示しています。また、時間変更等も掲示でお知らせします。

その他の通学方法

●自家用車での通学

本学の学生駐車場を利用するときは、駐車場利用許可証が必要です。


【駐車場利用許可証交付要件について】
交付は、原則として2年生を優先します。ただし、1年生であっても次の条件を満たす者は学生支援課に申し出てください。

  • 特別に車で通学しなければならない理由がある者。
  • 専攻科食物栄養専攻・社会人及び学卒者等で入学した者。

【駐車場利用許可証交付申請について】
〈申請条件〉
免許を取得してから4ヵ月以上経過し、任意の自動車保険に加入している者。
〈申請手順〉

  • 毎年1月に次年度の許可証交付受付の通知を掲示しますので、「学生駐車場利用許可願」を定められた期間内に学生支援課に提出してください。
  • 本学の実施する「交通安全講習会」を受講した者に許可証を交付します。ただし、本学駐車場の収容台数に限りがありますので、許可されない場合があります。
  • 許可証の有効期間は、許可年度末までの1年更新とします。

【注意事項】

  • 本学の構内駐車に関する規則を必ず守ってください。
  • 駐車する際は必ず許可証をフロントガラスの外から見える場所に呈示してください。
  • 本学駐車場での駐車中に、盗難あるいは事故などにより損害が生じても、大学は一切その責任は負いません。
  • 万一、事故を起こしたときは、直ちに学生支援課に連絡してください。
  • 路上駐車及びキャンパス内での無断・無許可駐車は、絶対にしないでください。
  • 無断駐車した学生は「学生駐車場利用許可願」を申請しても、認可できない場合があります。

●自転車での通学

自転車通学を希望する学生は学生支援課主催の講習会を受講後、許可証(シール)を受け取り自転車に貼付してください。許可証は年度ごとに更新となりますので、希望者は年度初めに学生支援課で登録手続きを行ってください。
自転車は鍵を掛けて、必ず短大指定駐輪場に置いてください。なお、駐輪場での盗難・破損に関しては、短大は一切責任を負いません。二重ロックなど、各自で責任を持って施錠してください。駐輪場に長期放置している自転車については、短大側で強制撤去しますのでご注意ください。
自転車で走行中に他人にケガをさせると、多額の賠償金を請求されることがあります。このような場合に備えて任意の学生総合保険への加入をお勧めします。

学割証発行

学割証(学生旅客運賃割引証)は、JR等を利用して、片道100kmを超えて乗車するときに利用できます。(普通乗車運賃が2割引となる)
「学割証発行願(旅行届)」に必要事項を記入のうえ、使用日の3日前までに申込んでください。(学生証の呈示及び印鑑必要)
<使用上の注意>
・学割証の有効期限は、発行日より3カ月間です。

通学定期券購入

あいの風とやま鉄道とJRの通学定期券を購入するときは、通学証明書の呈示が必要です。通学証明書は学生支援課で発行していますので、必要なときは学生支援課で申し込んでください。また、富山地方鉄道のバスや鉄道の定期券を購入するときは、学生証を呈示することで購入できます。

学生サポート