資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

メッセージ

学科長メッセージ

学科長

学科長竹内 弘幸

基礎的な知識と確かな技術、得意分野を持ち合わせる栄養士を育成します。

栄養士とは、食のあらゆる面を創造する総合プロデューサーです。学科創設以来、富山県で唯一の栄養士養成校として、幅広い知識と確かな技術を備えた多くの栄養士を輩出しています。調理技術はもちろん、食品や栄養に関する科学的知識などの基礎科目と、個々人に合わせた健康的なメニュー作りや給食管理などの応用科目を併せることで、即戦力となる栄養士の育成をめざしています。また、現代の子どもたちの食育の担い手である栄養教諭免許も取得することができます。

卒業後は、栄養士として専門職に就く道、さらには本学専攻科に進学して四年制大学卒業と同等の学位および管理栄養士免許の取得をめざす道など、多様な選択肢であなたを支援する環境が整っています。

「食」は人々の生活を豊かにしてくれます。食をとおして人々の健康を支える栄養士を一緒にめざしましょう。

在学生メッセージ

食物栄養学科1年 宮田 実佳 さん

Tomitanでは栄養士資格の取得に向けた実践的な学びができます。

富山県内で唯一の栄養士の資格を取れる学校であり、調理実習や給食管理実習などの実習の授業も多く、実践的な学びができると思ったので進学しました。例えば調理学実習では、作り方と同時に調理をする時の注意点などを教えていただけるので、実践する際にとても役に立ちました。

将来は、栄養学の知識を生かし、人に栄養の知識を教えられるような仕事に就きたいと考えています。

卒業生メッセージ

子どもたちへの栄養指導を行い、新献立が好評だとやりがいを感じます。

こども保育課では、管理栄養士として富山市の保育施設の給食献立作成や、給食室の衛生管理、子どもたちへの食育指導などを行っています。自分の立てた新献立が、好評だったと聞くととてもやりがいを感じます。富山短期大学での学びでは、栄養教育実習で、食育指導について学べたことや、給食管理実習で献立作成、給食調理業務、衛生管理について学べたことが現在の業務でも役に立っています。

県内 市役所勤務

勉強もキャンパスライフも充実した2年間を過ごしましょう。

新規開発品の製剤検討や試験法の検討、また既存製品の改良などを行う部署に所属しています。言われたことをやるだけの仕事ではなく、自分で疑問に思ったことを調べたり試したりできるので自由度が高く、魅力的な仕事だと思っています。

富山短期大学では、2年間という短い期間でしたが、先生方との距離も近く、多くのことを学ぶことができました。勉強が忙しかったという思い出よりも、友人との楽しい思い出の方が多いです。勉強もキャンパスライフも充実した日々を過ごせると思います。

県内 製薬業勤務

給食管理実習で給食業務を学べたことが役立っています。

現在の仕事は、管理栄養士として入院患者さんの献立作成、食事内容の調整、調理員への指導、勤務管理など多岐に渡ります。患者さんの栄養状態が改善したときや、提供した食事を「また食べたい」と言ってもらえたときはやりがいを感じます。

富山短期大学での学びで役立っている授業は、給食管理実習です。献立作成から調理員への作業指示や調理などの一連の給食業務を学べ、現場を管理する立場となった今、とても役立っています。

県内 病院勤務

心理学や生化学の知識を生かして栄養指導。

一般病棟60床の入院患者様に提供する食事の献立作成や、入院・外来での栄養指導、検診での特定保健指導を行っています。指導の際には、Tomitanで学んだ心理学や生化学の知識がとても役立っていますね。体重や腹囲が減少するなどの効果が見られた時や、食生活が良い方向に変わったことを知った時は、また頑張ろうと思えます。

県内 病院勤務

学生時代に取った資格は、将来役に立ちます。

学校給食の献立の考案や材料の発注、食物アレルギー調理依頼書の作成、給食時間の食材説明、食に関する指導などをとおして、子どもたちの成長を感じられることがこの仕事の魅力です。魚嫌いの児童が魚を好きになった時など、やりがいを感じる瞬間もいっぱい。栄養士の免許は持っているとよいことばかりです。

県内 学校給食センター勤務

私の職場では、市内8つの小学校、4つの中学校、2つの幼稚園に合わせて3500食の給食を提供しています。調理は年代に応じて切り方や味の濃さ、辛さを変えているんですが、短大での実習経験がとても役立っていますね。職場には男性は少ないですが、私は男性ならではの視点や技能を生かせる仕事だと思います。2年間は、いろんなことが学べ充実していました。質問にも的確に答えてもらえ、そんな先生に恵まれているのが、富山短大の良さだと思います。

県内 給食業勤務

利用者の方の身体状況から摂取量を検討し、その方にあった食べやすい調理法で個別に用意します。食事を楽しみにされている方が多く、「おいしかった!」の一言が励みになりますね。ケアマネージャーの資格も取り、介護サービスの計画書作成などの仕事もしています。短大では栄養学の基礎から学び、すべて役に立っています。今は幅広い栄養管理が求められています。ぜひ皆さんも栄養士として活躍してほしいですね。

県内 福祉施設勤務 管理栄養士

患者さんの栄養管理や給食管理、調理員の衛生管理など、病院内の食に関するあらゆる業務を行っています。「この病院に来てよかった」と言っていただけることが、当院の目標。医師や看護師と連携しながら仕事を進めています。栄養について、短大では学べば学ぶほど興味が深まり、最終的に管理栄養士の道を選びました。食は、生きる力になるすばらしいものです。後輩の皆さんも、栄養士の職を体験してほしいと思います。

県内 病院勤務 管理栄養士

食物栄養学科では、多くの講義、実験、実習をとおして、さまざまなことを学ぶことができ、2年間で大きく成長することができたと思います。その中でも、プロ調理師による中国、フランス、日本料理などの調理実習では、一流の調理法・味を学んだこと、校外実習では、現場の栄養士の仕事を垣間見ることができ、即戦力の栄養士が社会で求められていることを知りました。また、卒業研究では、よくわからないなりにも研究をすることができ、研究の面白さ、大変さ、大切さを知ることができました。1年働いた後には、富山短期大学の専攻科へ進学して、管理栄養士をめざしたいと思っています。

県内 小学校勤務 栄養士

管理栄養士をめざす人は多いと思いますが、現場の実務や経験がないと適切な指導や相談に応じることはできません。後輩たちには、自分の肌で知る、ということを大切にしてほしいと思います。そういう意味では、実習を多く取り入れた富山短大のカリキュラムはとても有意義です。"食育"といわれるように、生活の質を高めるうえで、栄養士の役割はますます重要になります。地に足のついた栄養士として健康を支えるエキスパートに成長してほしいですね。

県内 役所勤務 管理栄養士

食物栄養学科