資料請求 close
検索
資料請求 インターネット出願

メッセージ

専攻科長メッセージ

専攻科長

専攻科長竹内 弘幸

栄養面から健康の維持・増進ができる
管理栄養士をめざします。

生活習慣病や高齢化、食の安全性など、人々の健康や食への関心はますます高まってきています。そのなかで専攻科食物栄養専攻では、栄養士の知識と技術をさらに向上させ、「学士(栄養学)」の学位取得をめざします。また、1年間の実務経験と専攻科での学びを併せ、管理栄養士国家試験受験資格を得ることができ、実践力と応用力を備えた管理栄養士を養成しています。

少人数制を生かした学位取得に向けての個別指導と、管理栄養士国家試験合格までの充実したサポートにより、どちらも高い取得率を維持しており、多くの卒業生が管理栄養士として活躍しています。また、管理栄養士国家試験の受験制度変更に伴い、平成30年度から研究生制度がスタートしました。現場経験豊富な各分野の教員から高度な専門性を身につけ、地域の人々の健康を支える食と栄養のスペシャリストをめざしましょう!

在学生メッセージ

専攻科食物栄養専攻1年 米林 里奈 さん

県内で管理栄養士をめざすなら、Tomitanの専攻科。
質問もしやすい良い環境です。

富山県内で唯一の栄養士養成校で、県内で管理栄養士として働きたいと考えるのなら専攻科だ!という思いがあったので、進学することを決めました。食物栄養学科での学びを土台にして、栄養についてより深く学修しており、特に病態別の食事療法について詳しく学んでいます。

Tomitanは、先生方と学生の距離が近く、相談もしやすいため、疑問に思ったことはすぐに質問して解決できます。

卒業生メッセージ

患者さんの栄養指導などで他の職種と連携して数値改善に取り組んでいます。

主な仕事は、入院中の患者さんの栄養管理、入院・外来患者さんへの個別・集団栄養指導、食数・献立の管理です。また、食事内容の充実を図るための喫食調査や、退院先への栄養情報提供体制の整備なども行っています。栄養指導では、何が患者さんのモチベーションに繋がるかを一緒に考えるなかで、意外な切り口が見つかることもあり、面白さのひとつだと感じます。多職種と携わる機会が多い職場なので、富山短期大学で学んだ専門的知識は今の仕事の根幹となっています。また、コミュニケーションスキルを磨けたことが役立っていると感じています。

県内 病院勤務 管理栄養士

乳幼児から高齢者まで、幅広く栄養サポート。

入院患者様に適切な栄養補給を行うためのプランニングや、入院・外来患者様に対する栄養指導や相談、治療食の献立作成などを行っています。食はすべての人にとっての基本。幅広い年代の方に関わる栄養サポートをできることが、この仕事の魅力ですね。特に入院患者様の栄養状態が改善した時はとても嬉しいです。




県内 病院勤務 管理栄養士

食物栄養学科を卒業後、福祉施設に1年間、栄養士として勤務しました。でも、もっと仕事の幅を広げるために管理栄養士の免許を取りたいと思い、専攻科に入学したんです。特別研究など勉強は大変でしたが、いい経験になりました。今の職場では、特別食の調理を担当しています。それぞれの患者さんの病態にあわせた量、味付けなど細かい配慮が必要で、細心の注意を払っています。短大の良いところは先生と気軽に話せること。今でも先生を訪ねて質問や相談をしています。しばらくは調理の現場を学び、今後は患者さんへの栄養指導もしていきたいですね。

県内 総合病院勤務 管理栄養士

特定検診後の「特定保健指導」や、事業所での健康教室などを行っています。生活習慣を改善するよう指導するのですが、習慣を変えるのは難しいこともあり、お話をしていくなかで、どんな小さなことでも、「できること」を探します。続ければ成果になり、次の面談の時に、「がんばったよ」と笑顔で来られると、うれしいですね。一人でも多く、健康に興味を持って食習慣を改善していただけるように、がんばっていきたいですね。

県内 医療健診施設勤務 管理栄養士