資料請求 close
検索
資料請求

News

学外実習の事前打ち合わせをオンラインで実施しました

2020年08月07日健康福祉学科

 今年もお盆明けから、介護福祉士の国家試験取得をめざす健康福祉学科1年生と2年生の学外実習が始まります。

 新型コロナウイルス感染症が完全に終息していない状況での実施であるため、国のガイドラインに基づいて感染症予防対応マニュアルを整備し、学生に対する事前指導を徹底して、実習に送り出す準備を進めています。

 厚生労働省が、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表していますが、本学でも授業や学生生活の場面で、新しい様式で取り組むことの重要性を感じており、健康福祉学科では学外実習の実施方法についても見直しを行いました。

 多くの事業所から実習受け入れについてのお申し出をいただいておりましたが、学生の配属をできるだけ集約させることで、教員が定期巡回して指導を行う実習訪問先を減らすようにしました。

 また、学生と実習先との打ち合わせも、インターネットを利用したオンラインミーティングで実施することになりました。

 学生たちは、時間帯を区切って入れ替わりながら順番に実習先との打合せを行いました。移動に要する時間や経費を節約することができたこともあり、学生からも好評でした。

 これからは、オンラインでの話し合いがスタンダードになっていくものと予想しており、実習指導者会議もオンラインで実施することを決定しています。

 最後に、新型コロナウイルス感染症の不安を抱えている状況で、本学の介護福祉士養成教育にご理解をいただき、学生たちの実習先としてご協力いただきます施設・事業所の方々と、実習受け入れの申し出をいただいておりました施設・事業所の皆さまに、この場を借りて、深くお礼申し上げます。