資料請求 close
検索
資料請求

News

オンライン授業でピアノの音が響きはじめました

2020年05月14日幼児教育学科

 2020(令和2)年5月8日(金)、幼児教育学科1年生「音楽表現技術Ⅰ」では、非常勤講師4名を迎えてオンライン授業によるピアノレッスンを開始しました。

 

パソコンの画面に向かって自己紹介をしています

パソコンの画面に向かって教員が自己紹介をしています(E館6階音楽室)

 この授業は、専任教員の 難波 純子 准教授 と非常勤講師4名の合わせて5名の教員が担当しており、学生一人ひとりの経験・技能に合わせて、保育に必要な音楽の基礎技能を培うことを目標としています。

 事前に「ピアノ実技についてのアンケート」を実施しており、習熟度別に4グループに分かれてレッスンを行います。

画面の向こう側にいる学生に呼びかけています

画面の向こう側にいる学生に呼びかけています

離れていてもみんなで一緒に弾きながら歌いましょう♪

離れていてもみんなで一緒に弾きながら歌いましょう♪

 現在のところ、5月末日までは、このような遠隔授業を実施する予定です。

 音楽の楽しさにふれながら、学生自身が表現する喜びを体験することで、保育者として子どもの豊かな感性を育んでいけることを願っています。

学生の感想
  • ピアノは本当に初心者で、この授業が不安でしたが、ゆっくりで分かりやすく、自分でもできたから自信がつきました。

  • ピアノを両手で弾くのは難しいですが、音楽は好きなので、これから少しずつ上手になりたいです!

  • 今までは鍵盤を弾くだけだったので、同時に歌うことは少し難しかったですが、今日の授業で画面越しにみんなで練習して、弾きながら歌えるようになりました。

  • 少人数のグループだとピアノを弾く機会が増え、先生とコミュニケーションをとりながら楽しく授業を受けられたので良かったです。早く学校で、みんなと一緒にピアノを弾きたいです。

  • 初めてのピアノの授業で緊張しましたが、先生が優しく教えて下さいました。一人一人に丁寧にアドバイスして下さったり、「良くできている!」などの声をかけてくださったので、嬉しかったです。これからも頑張りたいと思います!