資料請求 close
検索
資料請求

News

授業紹介:「富山型福祉特別講義」 ~富山県の地域福祉を学ぶ~

2020年01月29日健康福祉学科

 健康福祉学科の2年後期の選択科目として「富山型福祉特別講義」を開講しています。

 この講義は、富山型デイサービスなどの富山県における特徴的な地域福祉活動を展開する方々から、ミッションと取り組み方法などを学び、富山県における福祉の現状や住民福祉の向上に求められるものへの関心を高める機会としています。

 今年度は、以下の講師の方々に講義を行っていただきました。

  1. 特定非営利活動法人 このゆびとーまれ
    副理事長 西村 和美 氏
    テーマ:「このゆびとーまれ のこれまでと今とそしてこれからへ」


  2. 南砺市地域包括医療ケア部 地域包括ケア課
    地域包括支援センター 副主幹 竹内 嘉伸 氏
    テーマ:「南砺市における地域包括ケアシステムの現状と課題」

  3. 特定非営利活動法人 愛和報恩会
    相談員 根津 敦 氏
    テーマ:「農福連携の現状と課題」


  4. 社会福祉法人 富山県社会福祉協議会
    地域福祉・ボランティア振興課課長 水井 勤 氏
    テーマ:「富山県における地域福祉とボランティア活動について」
  5. 特定非営利活動法人 工房あおの丘
    理事長 西島 亜希 氏
    テーマ:「NPO法人 工房あおい丘の軌跡」

  6. 社会福祉法人 くるみ
    理事長 岡本 久子 氏
    テーマ:「社会福祉法人くるみのこれまでの取組み」

 それぞれの立場から「地域包括ケアシステム」を実践されている方々にお話しいただいたことで、学生たちは、テキストで学んできた内容を明確にイメージすることができました。

 今後も、富山短期大学 健康福祉学科では、福祉を担うために活躍されている方々にご協力いただくことで「地域からの学び」を吸収し、将来の地域福祉に還元できる人材を育み続けていきます。