資料請求 close
検索
資料請求

News

大学祭で健康福祉学科は「ミニミニデイサービス」を開催しました

2019年10月24日健康福祉学科

 2019(令和元)年10月18日(金)~20日(日)の3日間、富山短期大学 第56回大学祭と富山国際大学子ども育成学部「第11回仁友祭」を開催しました。

 健康福祉学科では、学びの成果を発表する「学科展示」と、社会貢献活動の観点から1年生と2年生が合同で「ミニミニデイサービス」を実施し、健康体操、ハンドマッサージ、伝承遊び、小物つくりなどのレクリエーションを実施しました。

 当日は、近隣のデイサービスの利用者の方々、子どもたちと保護者の方々などの多数のご参加をいただき、今の社会で求められている「子どもから高齢者までが一緒になった共生型」のミニミニデイサービスを運営することができました!!

 これからの福祉施設は、「高齢者」「子ども」「障害者」が一緒になって生活していく時代になります。今後、学生たちには、高齢者だけでなく子どもたちや障害者の方々など、幅広い人々への対応力も身につけていってほしいと考えています。

 大学祭の模擬店で23年間にわたって出店を続け、老舗的存在となっている「豚汁」は、2年生が伝統の味を調理して、今年も多くの方々に召し上がっていただきました。

 1年生は「チュロス」を販売して、今年も早々に完売御礼となりました!!

 また、最終日の20日(日)には、D303教室で「保護者懇談会」を開催し、多くの保護者の皆さまにご参加いただきました。

 学科長の挨拶から始まり、学生たちの概況、進路状況、介護福祉士国家試験などについて、それぞれの担当教員が説明を行ってから、希望された方に対して個別面談を実施しました。

 今回の大学祭での催しの企画・準備・運営などをとおして、健康福祉学科の「団結力」が一段と強くなったものと感じています。

  ご協力いただきました方々、ご来場いただきました方々に感謝申し上げます。皆さま、本当にありがとうございました。