資料請求 close
検索
資料請求

News

1,000人の親子の前で「うらしまたろう」を上演しました!

2019年02月13日幼児教育学科

 4月から小学校に入学する新1年生を祝う「うれしい1年生のつどい」が、2019(平成31)年2月9日()に富山県民会館で開かれました。(北日本新聞社主催)
 会場には約1,000人の親子の参加があり、小学生によるステージ発表の後、富山短期大学幼児教育学科2年生が、創作オペレッタ「うらしまたろう」を上演しました。

1586925153.jpg

会場の富山県民会館入口

★DSC09407.JPG

私たち何役かわかるかな?

★DSC09408.JPG

きょうも張り切っていきましょう!

★DSC09445.JPG

衣装もメイクも準備万端!

★DSC09420.JPG

楽屋で出番を待つ出演学生41名

 

 会場では、存在感たっぷりのカメが登場した途端に大歓声があがり、ステージを楽しんでいただけた様子でした。

★DSC09469.JPG

浜辺でカメをいじめる子どもたち

★DSC09478.JPG

「助けていただいたお礼に竜宮城へお連れします!」

★DSC09499.JPG

「私たちはタツノオトシゴ三姉妹」

★DSC09506.JPG

「私たちはフグ。こうやってお腹をふくらませることができるんだよ」

★DSC09523.JPG

竜宮城で魚たちや乙姫さまと楽しく踊る「うらしまたろう」

★DSC09541.JPG

満席の会場で堂々と楽しみながら演じています

★DSC09551.JPG

お姫さまの踊り

★DSC09576.JPG

「さぁ、玉手箱を持って家へ帰ろう!」

★DSC09580.JPG

「乙姫さまからもらった玉手箱。開けちダメって言われたけど・・・」

★DSC09590.JPG

全員でのフィナーレ

★DSC09604.JPG

小学校入学待ち遠しいね!きょうは観に来てくれてありがとう!

 このように、富山短期大学幼児教育学科では、さまざまな会場でステージ発表を行うなど、地域社会にも貢献しながら、実践的に子どもたちとふれ合う機会を大切にし、保育者としての総合的な表現力を育んでいます。