資料請求 close
検索
資料請求

News

救命救急について学びました!

2019年01月09日健康福祉学科

 2018(平成30)年12月18日(火)、福祉学科2年生が「医療的ケアⅡ」の授業で、救命救急について学びました。

 救命救急法の講座は、医療的ケアの授業の一環で毎年実施しており、今年度は、富山市呉羽消防署の救急救命士1名と救命指導員3名の方々にご協力いただき、4時間の普通救命救急コースを受講しました。

 学生たちは、救急蘇生のマニュアルに従って一次救命処置をグループに分かれて、心臓マッサージ、人工呼吸やAEDの操作方法などを学びました。

 講習の最後に行われたミニテストに福祉学科2年生全員が合格し、普通救命講習の修了証が渡されました。

学生の感想
  • 救命救急法は、運転免許取得時の自動車学校でも体験していたので、改めてしっかりと身につけることができました。

  • 人工呼吸や心臓マッサージは、正確な方法で行う必要があることを理解できました。

  • AEDを使用することに不安がありましたが、音声案内で取り扱いがしやすくなっていることが分かりました。必要とされる状況に遭遇した際には、適切に対応できるようになったと思います。