資料請求 close
検索
資料請求

幼児教育学科

愛情と感性豊かな保育者に

乳幼児期は、生涯にわたる人間形成のうえで最も大切な期間です。
この時期の子どもたちの成長を心身両面から援助するとともに、保護者の子育てを支援する保育者(幼稚園教諭・保育士)を養成するのが幼児教育学科です。
本学科では、幅広い教養科目と保育・教育・福祉・心理・保健・表現などの各専門分野にわたる学習、幼稚園・保育所・その他の児童福祉施設などでの実習をとおして、専門の知識・技術および判断力はもちろん、優れた感性と子どもへの深い愛情という豊かな人間性を備えた資質の高い保育者の養成をめざしています。