資料請求 close
検索
資料請求

News

青空古本市でボランティア活動

2020年11月10日ボランティア活動

 2020(令和2)年1025日(日)、経営情報学科1年生2名が、富山市布瀬南公園で行われた富山ユネスコ協会青年部主催「第88回青空古本市」のボランティアに参加しました。

 この青空古本市は、1977(昭和52)年から続いており、古本市で得られた収益は公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の世界寺子屋運動など、主にアジア諸国の子どもたちの学び支援のために活用されています。

当日は、晴天に恵まれ、暖かい秋の陽気の中、たくさんの方々に立ち寄っていただきました。

古本市ブログ.JPG

 図書館学を担当する経営情報学科 東野 善男 准教授 のゼミでは、富山ユネスコ協会青年部の協力を得て、本の整理や選書活動、さらには地域での古本市の出店に挑戦しています。

 ボランティアをとおして、本学学生へ学びの機会をご提供いただき、感謝申し上げます。

学生の感想
  • 大勢の方々に本を購入いただいたことが嬉しかったです。売れた本の冊数は、来店された方の3倍以上でした。また、接客時に交わした会話やいただいた感謝の言葉に、やりがいを感じることができました。

  • 重いダンボールを運ぶ力仕事は、汗をかきながらの作業で、とても大変でした。しかし、会計や接客を担当したことで、商品が売れる嬉しさや対人サービスの職業の楽しさを理解することができました。

 本学では、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのガイドラインを策定したうえで、徹底した対策を講じています。

 ボランティア活動については、本学が安全確認できるものを学生に案内しており、参加を希望する学生に対しては、活動日までの2週間の行動について十分に注意したうえで参加するように指導しています。