資料請求 close
検索
資料請求

News

夏季休業期間に向けた注意喚起について

2020年08月07日トピックス

学生の皆さんへ

富山短期大学 学生部学生支援課

 コロナ禍の中、本学の授業は順調に進み、間もなく夏季休業を迎えます。しかし、新型コロナウイルス感染症は終息する気配が見られず、都市部から地方都市へと改めて流行が拡大しています。

 この状況を踏まえて、学生の皆さんは、学科からも指導されているとおり、以下の基本的なコロナウイルス感染症対策を必ず各自で実行してください。

  1. 3密の回避
  2. 不要不急の外出・外食の自粛
  3. 感染拡大地域などへの旅行の自粛

  など

 特に、夏季休業期間に実習、インターンシップや本学オープンキャンパスの補助などを予定している学生の皆さんは、自分が感染した場合や濃厚接触者になった場合には、実習などに臨めなくなることが考えられます。また、学内外の多くの方に感染させてしまうこともありますので、慎重に考えたうえで行動してください。

 お盆の期間中は、家族や友人が集まる機会も多いと思いますが、「新しい生活様式」に基づいて、新型コロナウイルス感染症への対策をしっかり実践し、交通事故にも十分に注意して、有意義な休暇を過ごしてください。

 新型コロナウイルス感染の疑いがある場合や体調不良や風邪の症状が続く場合は、まず、医療機関に連絡を行い、発熱等の体調や状況を説明して、医師の指示に従って行動してください。

 また、自分または家族の方が、濃厚接触者と想定される場合は、本学に電話または電子メールなどで連絡をしてください。平日は、学科または学生支援課に、休日の場合は、所属学科の連絡が取れる先生に状況をお知らせください。

【問い合わせ先】

 富山短期大学 学生部 学生支援課
 TEL:076-436-5457

 Eメール:gakusei@toyama-c.ac.jp