資料請求 close
検索
資料請求

News

外部講師を招き、スーツの着こなしを学修しました

2020年07月23日経営情報学科

 2020(令和2)年7月13日(月)、経営情報学科1年生を対象に、「身だしなみセミナー」を開催しました。

 これは、前週のマナー講座に続いて、夏季休業期間中に学生たちが参加するインターンシップに向けた準備として実施したものです。

 特別講師として、株式会社AOKI 営業本部 北陸ゾーンマネージャーの 稲葉 康文 氏と 魚津店 副店長の 橋本つかさ 氏のお二人をお迎えして、社会人に必要なスーツの着こなしと身だしなみについての講義を行っていただきました。

 講座は、男性と女性に分かれ、ビジネスの現場で重要視される身だしなみの基本的なルールやスーツの手入れ方法を教えていただいてから、男性は正しいネクタイの結び方、女性は好印象を与えるメイク方法について、ご指導いただきました。

 また、会社訪問をする際のマナーとして、外の汚れを持ち込まないためのコートの畳み方や持ち方なども教えていただき、相手先のことを考えるマナーについても修得していました。


 受講した学生たちは、今後のインターンシップや就職活動で、第一印象がとても重要である点を理解するとともに、真面目さをアピールできる着こなし、生き生きとした姿を示すことができるメイクなどにも興味を持った様子で、熱心にメモを取りながら受講する様子が見られました。

経営情報学科
  • コートのたたみ方や名刺ケースを持ち歩くことなど、細かな動作も重要で、相手に与える印象が変わってくることを学びました。これからはインターンシップや就活に向けて、日頃の生活の細かなところまで気を抜かずに意識して行動したいと思います。

  • なぜそうしなければならないのか?という身だしなみについて、理由を教えていただいたことで納得ができたので、とても同時に記憶に残る講義でした。

  • 今日の講義は、驚きがたくさんありました。面接では、部屋に入ってから座るまでに印象は決まってしまうため、初めが肝心であることが分かりました。

  • ビジネスマナーだけでなくスーツを着用する際のマナーとルール、就活に向けたメイクの方法など、今後、就職活動をしていく中で、知っておきたい知識をたくさん教えていただきました。とても身になる講座でした。

 学生たちは、既に関心のある企業に自らエントリーしていて、9月頃に1週間前後インターンシップ生として就業体験に臨む予定です。

 2回の講座を受講したことで、社会人の入口に向けて第一歩を踏み出す学生たちのインターンシップへの意識が高まっている様子が感じられています。