資料請求 close
検索
資料請求

News

富山第一銀行奨学財団から研究助成金が授与されました

2020年07月16日食物栄養学科

 2020(令和2)年7月10日(金)、公益財団法人富山第一銀行奨学財団の研究助成金授与が本学大会議室で行われました。

 今年度、本学からは、食物栄養学科の藤田 恭輔 准教授の「廃用性サルコペニアに対するエゴマ油の効果」の研究が助成対象として採択されました。

 例年は、前年度の助成対象となった研究の成果発表会と併せて行われますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して発表会が中止になったため、財団の方々が本学へお越しになり、助成金110万円の目録を授与していただきました。

IMG_1435.jpeg

授与式の様子

 超高齢化社会となっているわが国では、健康寿命を延ばすため、フレイルやサルコペニアといった老年性の身体機能低下に対する対策が重要となっております。また、エゴマ油は、富山市が特産化をめざしているエゴマから作られる植物油で、さまざまな健康効果が期待されています。

 藤田 准教授は、「この研究によって、エゴマ油がサルコペニアに対してどのような効果があるかの知見を得ることができる。国民の健康や富山の産業に貢献できるような研究成果となることを期待している。」と、研究に対する意気込みを話しました。

IMG_1502.jpeg

【後列左から】

(公財)富山第一銀行奨学財団 藤岡 常務理事、学校法人富山国際学園 黒崎 事務局長、(公財)富山第一銀行奨学財団 井沢 事務局長

【前列左から】

(公財)富山第一銀行奨学財団 横田 理事長、本学 藤田 准教授、本学 宮田 学長