資料請求 close
検索
資料請求

News

「サービス接遇検定 1級」の今年度合格者が6名になりました

2020年02月28日経営情報学科

 経営情報学科の2年生2名が、「サービス接遇検定 1級」に合格しました。
 既に合格を掴んだ4名に続いて、これで合計6名が合格となりました。

 関連記事:「サービス接遇検定 1級」で今年度4人目の合格者!

 関連記事:「サービス接遇検定 1級」に学生3名が合格しました!

 公益財団法人 実務技能検定協会が実施する「サービス接遇検定」は、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、正しい日本語や立ち居振る舞いなどを問われる検定です。易しい順から3級、2級、準1級、そして最高級の1級に分かれており、出題レベルが各級で異なります。

 今回、学生たちが合格した「サービス接遇検定 1級」は、筆記試験の後に面接試験が行われます。

 受検者は、ホテルの接客や企業の受付などに就いている社会人が多く、直近5回の検定試験の平均合格率は約33%です。

経営情報学科
  • 今春から営業職に就きます。1級の実技試験問題である電話応対の特訓成果を実社会で生かしたいと思います。後輩の皆さんもしっかり練習して、ぜひ合格を掴んでほしいです!

  • まさか合格できるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。東京で受けた実技試験はとても緊張しましたが、笑顔を褒められ自信になりました。

1級合格.jpeg

合格した学生たち

 合格した学生の皆さん、本当におめでとうございます!