資料請求 close
検索
資料請求

News

専攻科2年生の学外実習報告会を開催しました

2019年12月26日専攻科食物栄養専攻

 2019(令和元)年12月18日(水)、8月から9月にかけて授業科目「公衆栄養学学外実習」で富山県厚生センターや富山市保健所などの施設で実習を行った専攻科食物栄養専攻2年生の15名が、実習施設の指導者の方々をお招きして報告会を行いました。

 専攻科食物栄養専攻の学生たちは、学士(栄養学)の学位取得と管理栄養士国家試験合格をめざして学んでいます。公衆衛生学や公衆栄養学の授業科目は、広い視野で保健衛生などを捉え、健康栄養面から栄養士や管理栄養士が果たす役割を考えることを目的として履修するものです。

 学外実習では、公衆栄養分野の行政栄養士が法律に基づいて展開している具体的な事業を体験しました。

 報告会では、学生たちが共通の課題としていた内容や個別の課題について検証したを事項について報告を行うとともに、1年後に実習に臨む1年生に向けたアドバイスを行いました。

 発表した2年生は、実習指導者の方々からフォローやアドバイスなどのコメントをいただいたことで、新たな発見があったようです。また、1年生は真剣な表情で聴講しており、来年の実習に向けた準備を始めるきっかけになったものと思います。

3.jpg

報告会の様子

 報告会終了後には、お世話になった実習指導者の方に改めて感謝の気持ちを伝え、管理栄養士の免許取得に向けた意欲をいっそう高める機会になりました。