資料請求 close
検索
資料請求

News

「介護の日」記念イベントに参加しました

2019年11月27日健康福祉学科

 毎年11月11日は「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」をキャッチに、厚生労働省が2008(平成20)年に設定した「介護の日」です。

 今年もその啓発活動として、2019(令和元)年11月10日(日)、「いい日、いい日、介護の日 in とやま2019」が富山市まちなか賑わい広場「グランドプラザ」で開催されました。

 本学からは、健康福祉学科のGP活動「伝承あそび」班の学生たちが参加しました。

IMG_3664.jpg

作り方を分かりやすく説明中

 富山短期大学の担当ブースでは、学生たちが来場された方と一緒に「ぶんぶんゴマづくり」を行いました。

 牛乳パックを利用して台紙を作り、そこにペンやシール、マスキングテープ等で自由に思い思いの飾りつけをします。

 デコレーションした台紙の中心に穴をあけ、タコ糸をとおして作品が完成です。

 紐を水平に持ち、片手を固定させ、もう一方の手でぐるぐるコマを回し、紐を引っ張るとビューンと音が鳴って回転します。

 最初から上手に回すことができる方は少ないのですが、何度か繰り返すうちにコツをつかんで、きれいに回転させられるようになっていました。

IMG_3696.jpg

上手にぶんぶんゴマを作れるかな?

IMG_3699.jpg

卒業生もお子さんと一緒に参加

 当日は、天候にも恵まれ、 小さな子どもさんを連れたご家族などの大勢の方々にブースに訪れていただきました。そのほかにも、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設やグループホームなどの福祉施設に勤務し、この日のイベントに参加されていた、たくさんの卒業生たちがブースを訪れてくれたため、とても賑やかで楽しい時間を過ごすことができました。