資料請求 close
検索
資料請求

News

「RUN伴2019富山」富山エリアの呉羽地区に参加しました

2019年09月30日健康福祉学科

 2019(令和元)年921日(土)に開催された「RUN伴2019富山」に、健康福祉学科の学生たちがサポートスタッフとして参加しました。

 「RUN伴(ランとも)」とは、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりをめざして、認知症の人とそうでない人たちが皆でタスキをつなぎ、日本を横断するプロジェクトです。

 今年は、世界アルツハイマーデーである9月21日に開催されました。

 本学の学生たちは、富山市エリアの呉羽地区に参加し、10:00に老人介護施設 あさひホームを出発し、呉羽駅を経由して、地区ゴールの富山市民芸芸術創造センターをめざすルートを担当しました。

IMG_0770.JPG

タスキに名前を書きました

IMG_0787.JPG

あさひホームでの出発式

 学生たちは、学科で作成した認知症についての啓発チラシを沿道の方々に手渡しながら、交代でランナーの車いすを押して歩きました。

IMG_0798.JPG

利用者の方と一緒に歩きました

IMG_0802.JPG

沿道の方にチラシを渡しました

IMG_0804.JPG

呉羽駅で一休み

 ランナーの方と一緒に到着した地区ゴール地点では、集合写真を撮り、魚釣りのレクリエーションを楽しみました。

IMG_0821.JPG

ゴールの集合写真

IMG_0830.JPG

レクリエーション魚釣り

 午後は、ユウタウン総曲輪 ウエストプラザで富山エリアのゴールイベントに参加しました。

 ブースイベントでは、ぶんぶんゴマ作りと魚釣りゲームを行い、来場されていた子どもたちとふれあいました。

 また、ここでも認知症啓発チラシを配布して、認知症についての理解を高めるための活動を行いました。

IMG_0848.JPG

子どもたちと魚釣りゲーム

IMG_0853.JPG

ぶんぶんゴマづくり

 ステージイベントでは、富山市内の各地区から富山エリアのゴールに到着される方々を迎えて、盛り上げました。最後は、参加者の方々と一緒に風船を舞い上げました。

 学校ではなかなか経験することができない、地域の方々とのふれあいや専門職の方々との関わりから、認知症について多くのことを理解する貴重な機会になりました。

IMG_0875.JPG

呉羽地区から富山エリアにゴール!

IMG_0881.JPG

ゴールテープ係も担当しました

IMG_0912.JPG

ゴールされる方々とのふれあい

IMG_0919.JPG

風船を準備中

IMG_0928.JPG

風船待機

IMG_0932.JPG

風船に願いをこめて