資料請求 close
検索
資料請求

News

卒業生から編入学のアドバイスをしてもらいました

2019年09月30日経営情報学科

 2019(平成31)年3月に本学 経営情報学科を卒業し、4月から富山大学経済学部3年次に編入学した学生が、夏季休業期間を利用して近況報告のために来学してくれました。

 在籍している経済学部経営学科では、会計について学ぶゼミに所属し、財務諸表等から企業を分析するといった課題に取り組んでいます。きっかけは、本学在学中に会計学に興味を持ったことで、編入学後もその分野を専攻したということでした。

IMG_4428.JPG

富山大学に編入学した卒業生

 本学に入学した時点で四年制大学への編入学するという進路を希望しており、一貫して強い気持ちを保ち続けてきたと言います。編入学試験の選考では、本学在学中の学業成績も見られることも考えて、良い成績を残せるように日々の学業に力を注いだということでした。

 富山大学卒業後の進路は、出身地の富山県もしくは現在実家のある石川県での就職を希望しています。そのため、希望地に近い富山大学を志望しました。

 大学生活では、さまざまな出身地から入学している友人と過ごす時間が、とても楽しいと話していました。

IMG_4391.JPG

在校生の質問に具体的に答えてくれました

 在学生たちは、真剣なまなざしで経験談を聞きながら次のような質問をしており、具体的に答えていただきました。

  • 面接で質問された内容

  • 今、受験に向けてすべきこと

  • 去年の今頃に取り組んでいたこと

  • 学費について

 特に、編入学試験で決め手となったポイントは「英語」だったということや、自分を含めて編入学を志望していた3人が切磋琢磨しながら、受験勉強に取り組めたことも良かった点だということでした。

 さらに、具体的に学びたいことを明確にすることの大切さ、編入学後の単位互換について、そして富山大学の魅力についても説明をしていただきました。

IMG_4457.JPG

笑顔で談笑

 また、この時期特有の受験生のつらさを思いやりながら「試験まで、あと2か月。ここからの追い込みが大事です。勉強の方法はそれぞれ異なるので、それぞれの方法で追い込みをかけてください。」と、激励の言葉をいただきました。

 後輩たちに、充実した学校生活を語ってくれた卒業生3名たちの言葉を受け、在校生たちは、4月からの新しい学生生活を目標にして、これから受験に向けたラストスパートをかけていきます。