資料請求 close
検索
資料請求

News

富山県の地域活性化策を学ぶ

2019年08月09日経営情報学科

 2019年(令和元年)7月30日(火)、経営情報学科の篠田ゼミに所属する1、2年生24名が、富山県の経済情勢やベンチャー企業の実状を学ぶために、富山県民会館で開催された外部セミナーに参加しました。

 このセミナーは、特定非営利活動法人インデペンデンツクラブが主催したもので、「富山発ベンチャーの活性化に向けて」というテーマで行われたパネルディスカッションに学生たちが参加しました。

 学生たちは、普段の授業とは違う視点で語られる、富山の経済情勢について学ぶことができました。


 パネリストのうち、過去に学校法人富山国際学園の評議員も務めていただいた ロバスト経営研究所 所長でコーセル株式会社の創業者である 飴 久晴 氏からは、「若いうちに様々なことにチャレンジし、たくさん失敗することから多くのことを学んでほしい」という、学生たちに向けた貴重なアドバイスもいただきました。

 同じくパネリストで、株式会社東京証券取引所 上場推進部 課長の 勝尾 修 氏からも、普段は聞くことができないような貴重なお話をいただきました。

パネリスト1.JPG

パネリストの方々

 また、セミナーの後半では、富山県で業績をあげているベンチャー企業の社長より経営における生の話を聞き、学生たちは新たな観点があることを学びました。

 2年生たちは、来年の4月から社会人となる心構えも含めて、富山の経済環境について真剣な眼差しで聴講していました。

 1年生は、夏季休業期間中のインターンシップへの参加を目前に控えており、また、年明けから本格化する就職活動への準備を行っていくために、企業経営者の方にお話しいただいた内容は、見識を広める意味で非常に参考になったようです。

講演風景.JPG

セミナー 受講風景

講演風景2.jpg

セミナー 受講風景

 また、2年生は「学生まちづくりコンペティション2019」、1年生は「大学生観光まちづくりコンテスト2019」に応募しており、学生たちがプレゼンテーションを行う予定になっています。

 自分たちの発表に活用できるように、セミナーでお話しされた方々のプレゼンテーション手法などについても着目して、話を聞いている様子が見られました。

集合写真1.jpg

参加学生 集合写真