資料請求 close
検索
資料請求

News

健康福祉学科「就職特別講座Ⅱ」を開催しました

2019年07月31日健康福祉学科

 2019(令和元)年718日(木)の 2限に、2年生対象の授業科目「キャリアデザイン演習」で、「就職特別講座Ⅱ」を開催しました。

 社会で実際に活躍されている職業人の方から、就職活動のあり方や入職後の将来像の描き方を聴くことで、今後の自分たちの進路の決定や将来について考えるための一助にするとともに、仕事に対する意識の向上を図ることを目的としています。

 今回は、株式会社アポケアとやま 専務取締役で富山県議会議員の藤井 大輔 氏に、「介護福祉分野の可能性とキャリア形成~超高齢社会をプラスに生きるには~」のテーマでご講演いただきました。

 藤井 氏は、株式会社リクルートホールディングスで勤務されていた経歴があり、「ゼクシィ」や「ダ・ヴィンチ」など多くの雑誌の編集に携わるとともに、「R25」の創刊にも尽力されて編集長も務められました。

 さまざまな経験と幅広い独自の視点から介護福祉分野についてお話しいただき、「100年時代の人生を楽しむためのノウハウが詰まった学問が、介護福祉分野です。介護福祉分野をもっとワクワクする仕事に一緒に変えていきましょう!」という熱いメッセージが伝えられました。学生たちは、真剣な表情で話の内容に引き込まれている様子でした。

健康福祉学科
  • 今の高齢社会が自分にどう影響し、どのように生きていくのかを考える時間になりました。介護福祉士という将来を自分の意志で決めて、今を過ごしていますが、仕事に対する思いやスタンスを見つめ直す必要があると思いました。「CAN」「MUST」「WILL」が重なる仕事をめざしたいと思います。

  • 助けてほしい時に、自分の言うのは「迷惑かな」などと考えて声にできないことは確かにあると思います。助けられ上手になるための12か条はすべて簡単なことに思えて、自分に当てはめると、とても難しいことで、簡単にはできないと感じました。将来のことを考えるうえで、今回の講義はとても有意義で面白かったです。

  • 人口減少と高齢化から、今の日本がおかれている状況を知りました。今後の日本は仕事や考え方が変わっていき、変えていく立場になるので、どんどん新しいことに挑戦していきたいと思いました。