資料請求 close
検索
資料請求

News

夏祭りボランティアに参加しました

2019年07月30日ボランティア活動

 2019(令和元)年7月27日(土)、富山県リハビリテーション病院・こども支援センターで開催された夏祭りに、幼児教育学科の3つのゼミに所属している学生たちがボランティアで参加しました。

 こども支援センターは、病院に併設されているため、夏祭りには医療を受ける子どもと大人、医療的ケアの必要な子どもと大人、その兄弟や家族、地域の方などたくさんの方が参加されます。

 学生たちは、大勢の方々が来場される夏祭りを盛り上げるために、事前に入念な準備を行い、出し物にも工夫を凝らして臨みました。

DSC_0043.JPG

アトラクションの様子

 福祉ゼミ(指導教員:明柴 聰史 講師は、家族がみんなで楽しむことができるように、懐かしの「駄菓子屋さん」と「わなげ」を出店しました。

DSC_0040.JPG

「駄菓子屋さん」

DSC_0042.JPG

「わなげ」

 

 音楽表現ゼミ(指導教員:難波 純子 准教授は、大勢の子どもたち一緒に楽しむことができる「手遊び・歌遊び」を実施しました。

DSC02684.JPGDSC02712.JPG

 造形表現ゼミ(指導教員:中山 里美 准教授は、様々な思考を凝らした「大型絵本」を設置して、見て・聞いて・触れて・匂って、五感を使って楽しむ作品の読み聞かせを行いました。

DSC02688.JPGDSC02742.JPGDSC02770.JPG

ボランティア学生たちの感想
  • 障がいを持っている方も含めて、たくさんの人に楽しんでもらうことができたので、とても嬉しかったです。

  • 子どもたちだけでなく、保護者の方や大人の方にも「駄菓子屋さん、懐かしいね」と言っていただき、すごく喜んでもらうことができました。

  • わなげは、車いすの人でもできるように、工夫して対応することができました。喜んでいただけたので、自分たちも笑顔になることができました。

 このように、学生は短大での授業を生かして、実践力を身につけて行動に移すことができるようになっています。

DSC_0003_BURST20190727152450915_1.JPG

 これから夏休みに向けて、さまざまなボランティア活動があります。自主的に参加して、経験を積み重ね、反省と実践を繰り返してほしいと思います。

 関係機関の皆さま、引き続き学生のボランティア活動へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。