資料請求 close
検索
資料請求

News

福祉のお仕事フェア in TOYAMAに参加しました

2019年07月29日幼児教育学科

 2019(令和元)年7月20日()、21日()の両日、富山国際会議場で「令和元年度 福祉のお仕事フェア in TOYAMA(福祉の就職総合説明会2019)」(主催:社会福祉法人富山県社会福祉協議会、富山県健康・福祉人材センター、富山県保育士・保育所支援センター、富山労働局・ハローワーク、富山県民間保育連盟)が開催されました。

 福祉のお仕事フェアは、福祉・介護分野や、児童保育分野の職場への就職を希望する一般求職者や学生を対象に、求人情報や福祉の仕事・職場についての紹介や相談等の機会を提供するとともに、福祉関係事業所や団体等の人材確保を円滑にする目的で、毎年この時期に開催されています。

 7月20日()には「福祉・介護」分野に113法人、21日()には「児童・保育」分野に53法人の参加がありました。

DSC02508.JPG

これからフェアに参加します = 富山国際会議場

 本学からは、幼児教育学科2年生が参加して、就職先の選択肢を増やすために、ステージでの「我が事業所紹介」に参加したり、各法人のブースを回ったりしました。

 さっそく、夏休み中に見学させていただく申し込みをしたり、採用試験の受験を本格的に考え始める姿も見られました。

DSC02509.JPG

会場のようす = 多目的会議室

DSC02510.JPG

各法人のブースで話を聞く学生

参加した学生の感想
  • tomitanの卒業生がブースの担当者だった施設があり、実際に働いて感じる職場状況などのお話しを聞きながら、画像を使って分かりやすく説明をしてもらうことができたので、とても魅力を感じました。

  • 採用試験の内容について詳しく教えてもらうことができたので、前もって準備と心づもりができ、少し安心することができました。

  • 就職するにあたって、不安に思っていたことや素朴な疑問にも丁寧に答えていただけました。知りたいことをしっかりと理解できたので、これまで以上に、その園で働きたいと思いました。