資料請求 close
検索
資料請求

News

健康福祉学科のオープンキャンパス パート2

2019年07月18日健康福祉学科

 2019(令和元)年713日(土)、オープンキャンパス パート2を開催しました。健康福祉学科のオープンキャンパスの様子を紹介します。

 学生ホールでのガイダンス終了後、健康福祉学科の催しにお越しいただいた参加者の皆さんに、関 学科長が歓迎の挨拶を行いました。続いて、学科紹介を行い、学科の概要や福祉分野の進路についての魅力を伝えるとともに、福祉ビジネス分野の内容や資格取得、就職の動向について詳しく説明を行いました。

 その後、2つの体験授業を行いました。

 学生たちがアシスタントを務め、参加者のサポートを行いながら、健康福祉学科での学びを体験していただきました。

  • 体験授業その1 「相談援助の基本の"キ" ~家族関係図を使いこなそう!」

     社会福祉分野の相談援助で使われるツール「ジェノグラム」を紹介しました。ジェノグラムは、世代にわたる家族とその人間関係を盛り込んだ家系図です。ソーシャルワーカーをめざすために必須となる技術を体験していただきました。

  • 体験授業その2 「ためしてゴックン! 「飲み込む」を科学する」

     私たちは、何でもないように食べ物や飲み物を「ゴックン」と飲み込んでいます。しかし、口から「飲み込む」という動作のしくみは意外と複雑です。「飲み込む」という嚥下(えんげ)のしくみを学び、プリンやゼリーをいろいろな姿勢・角度で食べてみることで、障害者・高齢者にとって食べやすい方法を、アシスタント学生と一緒に考えてみました。

 体験コーナーの後には、教員と在学生による懇談会と個別相談会を開催しました。

 最初のうちは、参加者の皆さんも学生たちも緊張している様子でしたが、少しずつと会話も弾むようになり、終盤には笑い声が絶えない、和やかな場になりました!!

 個別相談では、保護者の方々からも熱心に質問や相談をいただきました。

健康福祉学科
  • 一人で参加したので不安だったのですが、学生さんが分かりやすく丁寧に案内してくださったので、安心して参加することができました。

  • 実習室のタブレットを使った体験授業はとても分かりやすく面白かったです。実際の授業での雰囲気が良く分かりました。

  • ジェノグラムの授業は、とても分かりやすく、ためになりました。短い時間で要点が押さえられた授業は他にないと思います。相談援助で何が大切かということが、良く理解できました。

  • 学生さんが私の質問に全て答えてくださったので、ほとんど不安がなくなりました。8月のオープンキャンパスにも参加したいと思います。

  • 富山短期大学の雰囲気など、自分の体で感じられて良かったです。パンフレットでは知れないところを知ることができました。

 とても盛り上がり、あっという間に終了時間を迎えたオープンキャンパスでした!!

 次回のオープンキャンパス パート3は、2019(令和元)年824日(土)に開催します。

  • 地域課題の解決のためのプログラムを考えよう
  • 福祉ビジネスは、日本でどう成長産業となったか
  • 介護福祉の学びの紹介

 など、これまでとは違った体験コーナーを予定しています。入試についても詳しくご説明します。

 皆さまのお越しをお待ちしております。