資料請求 close
検索
資料請求

News

1年生が児童養護施設などを訪問・見学しました

2019年06月28日幼児教育学科

 2019(令和元)年6月25日(火)、幼児教育学科1年生の授業「保育実習Ⅰ-2」の一環で、福祉施設の訪問・見学を行いました。

 今年度の見学先は、子ども家庭福祉の原点である児童養護施設と地域共生社会実現のため、さまざまな取り組みを行っている障害児(者)施設です。学生たちは、事前にWebサイトや書籍で調査し、施設の現状や課題についてグループ別に学習を行ったうえで見学に臨みました。

 児童養護施設の見学では、近年の児童虐待が社会問題化している状況に、学生たちが強い関心を抱いており、事情があって施設で生活をする子供たちが安心して過ごすことができるような環境づくりの工夫や方法などを、積極的に学ぶ様子が見られました。

DSC_5074.jpg

家庭的な生活空間

DSC_5078.jpg

安心できる生活の工夫がされています

 障害児(者)施設の見学では、一人ひとりの個性に寄り添い、人権を尊重した支援が行われていることに気づくことができたようです。少々手厚いサポートを必要とする子どもたちが生活する施設で勤務する保育士の重要性を学ぶことができました。

DSC00169.jpg

スヌーズレンという感覚刺激の空間を体験

DSC00189.jpg

昼休みは戸外で身体を動かして気分転換

P6250058.jpg

幸せになれるかな?四つ葉のクローバー探し

DSC_5076.jpg

多くのことを学び、2・3月の施設実習に向けて課題をもつことができました

 見学にご協力いただきました施設の皆さまには、この場をお借りして御礼申し上げます。

 学生たちに貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。