資料請求 close
検索
資料請求

News

児童福祉施設の子どもたちと野球を楽しみました!

2019年05月27日ボランティア活動

 2019(令和元)年5月19日(日)、児童福祉施設 富山学園の子どもたちとのレクリエーションボランティアに参加しました。

 レクリエーションの内容は、子どもたちが日々練習し、夢中になっている「野球」の試合です。

IMG_1013.JPG

「よろしくお願いします」

 今回は、幼児教育学科の明柴 聰史 講師と幼児教育学科の学生9名が参加しました。 

 事前に、児童福祉施設についての概要や特徴を指導教員から説明いただき、「勝ち負けや、うまい下手よりも、一生懸命取り組む姿を子どもたちに見せることが、良い刺激となる」ことを確認したうえで試合に臨みました。

IMG_0988.JPGバッターは、明柴講師です

 

 さわやかな五月晴れの中で行われた試合は、1対21という大差で敗戦するという結果でしたが、この活動をとおして「子どもたちのエネルギー」や「児童福祉施設で働く保育者の援助の様子」を学ぶことができたと思います。

ボランティア学生たちの感想
  • 試合をとおして、みんなと協力することやバックアップの重要性に気づくことができました。

  • 対戦相手であっても、ファインプレーを称えたり、ミスを励ましたりして、褒め合うことが大事だと学びました。

  • 児童たちの全力な姿から、チームプレーの楽しさ、難しさ、やりがい、結束力の大切さを学びました。

 チームで活動することへの楽しさ、やりがい、協力することの大切さなどを感じることができました。

 この成果は、今後の子ども家庭福祉、保育を学ぶことにつながっていくと思います。

IMG_0976.JPG

五月晴れの中、子ども達と楽しい思い出ができました。

 Tomitanでは、授業だけでなく、学生が自主的・主体的に地域へ出て、さまざまなボランティア活動を行うことで実践力の向上に努めています。

 そして、ボランティアでは学年の枠を超えた交流や意見交換できることも、非常に大きな意義があります。

 

 この場をお借りして、施設の子どもたちと職員の皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。