資料請求 close
検索
資料請求

News

学外研修とGP活動に向けた合同ホームルーム

2019年04月18日健康福祉学科

 2019(平成31)418日(木)、第2回目となる1、2年生合同のホームルームを行いました。

 まず、419日(金)と20日(土)の一泊二日の日程で、石川県で実施する1年生と2年生の合同学外研修について、企画・運営を担った2年生が手作りした「研修のしおり」を配布して、注意事項などの説明を行いました。

 この学外研修は、高齢者福祉施設・障害者支援施設の見学を行うことで、福祉に関する学習の動機や感受性を高めることを目的とし、学生・教職員の交流によって親睦を深めることともに、学内では体験できない活動をとおして、学生生活の充実を図るものです。

 今年は、最初に金沢市へ向かい、1年生が「介護老人保健施設金沢春日ケアセンター」で、2年生が「石川県立リハビリテーションセンター」で、施設見学を行います。その後、志賀町でスポーツ交流会などの楽しい交流企画を行います。

 続いて、前週に引き続き、学科伝統のボランティア活動である「GP活動」に関する紹介を行いました。

 今回は、1年生たちが関心を持って一緒に活動してくれるように、「健康体操」「ハンドマッサージ」「伝承遊び」「ライフスペース」の4つの班の代表者が趣向を凝らした体験型プレゼンテーションを行いました。

 1年生たちは、楽しんで体験をしながら、自分がどの活動に参加するかを迷っている様子でした。