資料請求 close
検索
資料請求

News

インターンシップ事前指導を実施しました

2019年03月05日健康福祉学科

 2019(平成31)3月6日(水)~12日(火)に、福祉学科1年生がインターンシップに参加します。その期間に先立って、34日(月)にインターンシップ事前指導を実施しました。

 このインターンシッププログラムは福祉学科の選択科目で、主に福祉ビジネス分野を専攻する学生たちが履修しています。

 医療・介護・福祉の現場を見学・体験することで、医療・介護・福祉業界をビジネスとしてとらえる俯瞰的な視野を身につけられるようにすることや、体験をとおして卒業後の進路選択や専門職としてのあり方について考察して、2年次にメディカルクラーク、ケアクラークや福祉住環境コーディネーターなどの資格取得に向けた動機づけにすることを目的として実施するものです。

 事前指導では、西井教授が「インターンシップの手引き」をもとに、目的や評価の観点、心構え、レポートの書き方などの説明を行い、学生たちは真剣な表情でメモを取りながら聞いていました。

【インターンシップのスケジュール】

1日目: 医療事務プログラム(北陸中央病院)

2日目: 介護事務プログラム

(レインボー、大江苑、七美ことぶき苑、梨雲苑、アメニティ月岡、長寿苑、白光苑、あしたねの森、にながわ光風苑)

3日目: 福祉用具貸与・販売、サービス付き高齢者住宅プログラム

(あっぷる今泉店、スリーティ富山営業所、桜谷の里、あすなろ永楽)

4日目:就労支援事業所プログラム

(ワークハーバーMUROYA

5日目:振り返り・プレゼンテーション

学生たちの意気込み
  • 病院と福祉施設の事務の違いを確認して、どのような業務を行っており、どのように経営が成り立っているのかなどを理解して、学びを深めたいと思います。

  • 見学時は、マナーを守って、明るく大きな声であいさつを心がけたいです。積極的にメモを取り質問して、卒業後の進路に役立てるようにインターンシップを終えたいです。

  • 福祉用具販売・レンタル会社では、一つひとつの用具の値段や特徴など、さまざまなことを学びたいと思います。

  • 就労支援事業所では、それぞれの職種がどのような仕事をしているのかについて、しっかりと把握したいと思います。