資料請求 close
検索
資料請求

News

体育の授業で「ガガ」(転がしドッジボール)に挑戦!

2019年02月04日幼児教育学科

 幼児教育学科1年「体育Ⅱ」の授業で、「ガガ」を行いました。

 「ガガ」はイスラエル発祥の、壁(囲い)を使った転がしドッジボールです。

 ボール遊びに親しむこと、壁から跳ね返ったボールを巧みによけて身体を動かすこと、仲間と協力することなどをねらいとして行いました。

 授業では、年少児向けの当てっこ遊びなど、さまざまな年齢の人たちが一緒に楽しめるゲームを行いました。

学生の感想
  • ボール遊びが苦手な私でも、とても楽しむことができました。ボールが当たった人が痛くなかったかな?と心配になることが少なかったので、小さな子どもたちとも楽しくプレーすることができる遊びだと思いました。

  • 普通のドッジボールと違って、壁があることで、跳ね返ったボールを避けるという楽しさが加わっている点が良いと思いました。

  • 上手く決められると仲間が拍手をくれたり、当たってしまった時には「ドンマイ」と声をかけられたりして、仲間意識の高まりを感じました。