資料請求 close
検索
資料請求

News

福祉用具体験講座に参加しました

2018年12月07日健康福祉学科

 2018(平成30)年1119日(月)、福祉学科1年生が富山県介護実習・普及センターで福祉用具体験講座に参加しました。

 この講座への参加目的は、授業「生活支援技術Ⅱ」の一環で福祉用具を実際に体験することで、福祉用具への関心を高めることと、利用者の目的や機能に合わせた福祉用具の活用方法ついての学びを深めることです。

 福祉用具の展示場では、ベッド・車いす・杖・入浴用品・食事・排泄用品などの用具の選び方や扱い方の基本から、さまざまな製品の紹介を受け、実際に用具の体験も行いました。

ベッド上 上方移動.jpg

シートを使って利用者を上方に移動させる体験

入浴リフト体験.jpg

入浴リフトの体験

リクライニング車いす体験.jpg

リクライニング車いすの体験

車いす説明.jpg

モジュラー式車いすの説明

 モデルームでは、段差解消機、スロープ、手すり、住宅用設置型リフトや高さの変更ができる調理台などに触れることで、用途や利用方法についての学びを深めました。

もしもしフォン.jpg

もしもしフォンの利用体験

食事用具使用しました.jpg

食事用具の利用体験

学生の感想
  • 初めて触れる福祉用具がたくさんありました。改めて「利用者ができること」を理解したうえで、その人に応じた福祉用具を選ぶことの大切さを理解することができました。

  • 入浴用のリフトで吊り上げられたとき、緊張で体が硬くなりましたが、しっかり支えてもらいながら声をかけてもらうことで、安心することができました。利用者の体験をしたことで、声かけの大切さを実感しました。