資料請求 close
検索
資料請求

News

「介護の日」記念イベントに参加しました (その1)

2018年12月03日健康福祉学科

 毎年11月11日は「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」をキャッチに、厚生労働省が2008(平成20)年に設定した「介護の日」です。

 今年もその啓発活動として2018(平成30)年11月11日(日)に、『いい日、いい日、介護の日 in とやま2018 ~届けよう、介護の魅力。「ありがとう」の言葉をエネルギーに変えて~』が富山市まちなか賑わい広場「グランドプラザ」で開催され、本学福祉学科から2年生が中心となって参加しました。

伝承遊びコーナーで、ぶんぶんゴマづくりの準備中

 ふれあいコーナーブースでは「伝承遊び」である「ぶんぶんゴマづくり」を行いました。

 牛乳パックで台紙を作り、ペンやシールを使用して、それぞれ好きなデザインを施しました。中心に穴をあけ、タコ糸をとおして完成です。製作した「ぶんぶんゴマ」は、どれもカラフルな仕上がりになっており、見ているだけでも楽しいものになりました。

 ひもを持って片手を固定させて、もう一方の手でぐるぐるコマを回し、紐を引っ張ることでビューンと音が鳴って回り始めます。最初は、慣れない手つきでコマ回しに挑戦していましたが、何度かチャレンジするうちに要領がわかり、上手に回せるようになりました。子ども連れのご家族にもご参加いただき、みんなで一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

サブタイトルに本学学生の案が選定されました!

 「介護の日」イベントのサブタイトルは公募によって決められています。

 今年の「届けよう、介護の魅力。「ありがとう」の言葉をエネルギーに変えて」というサブタイトルは、福祉学科2年生 数井 実奈さんが応募したもので、催し当日に表彰が行われました。数井さんは所用で欠席したため、代理の学生が表彰状と副賞を受け取りました。

 数井さんの表彰式は、あらためて福祉学科で開催し、関学科長から表彰状と副賞が贈呈されました。

介護の日 サブタイトル表彰 中山さん 代理.jpg

「介護の日」のステージで賞状を受け取る中山さん

介護の日サブタイトル受賞.jpg

関学科長から賞状を受け止る数井さん