富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  福祉学科  >  三つの方針

富山短大-三つの方針

三つの方針
  1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
    福祉学科が育成する人材像

    福祉学科では、本学科が育成する人材像の到達に向けて以下の学修成果に達し、本学の卒業要件を満たした者に短期大学士(介護福祉学)の学位を授与します。

    「育成する人材」に必要な力
    1. 人間の幸せ、社会のあり方に理解を深め、さまざまな人とコミュニケーションを取ることができる力
    2. 福祉に関するさまざまな分野で、修得した専門的知識・技術を活用し、自己研鑽を続けていくことができる力
    3. 高い知性と広い教養を持ち、地域社会の発展に貢献できる力

  2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
    教育課程編成方針

    福祉学科が目指す人材像を育成するために、次の3つの分野の教育を編成し実施します。

    1. 介護福祉士養成に必要な専門教育
    2. 介護実践の基盤となる教養や倫理的態度を学ぶ「人間と社会の理解に関する領域」、 介護実践に関する専門的技術・知識を学ぶ「介護領域」、多職種協働や介護実践の根拠を学ぶ「こころとからだのしくみに関する領域」の3領域と「医療的ケア」の学びで育成します。
    3. 福祉・介護に関連する幅広い教育
    4. 福祉の理念を幅広く学ぶとともに、福祉・介護に関連する分野で活躍できるレクリエーションインストラクターや介護予防運動スペシャリスト、医療事務・介護事務等、多様な資格取得をめざします。
    5. 人間性豊かな人材を育成する教育
    6. 人間らしい生き方や幸せとは何かについて幅広い観点から学び、学生主体のボランティア活動を通して、健康で豊かな人間性を育くみます。

    教教育課程実施方針(教育内容・方法)と学修成果の評価方法

    2年間にわたり、上記の教育を体系的・系統的に実施します。1年次は一般教養と介護の基礎を、2年次は専門教育と資格取得を重点的におこないます。


    学修成果の評価

    シラバスで示す評価方法により、学習成果別評価基準を用いておこないます。学期毎及び累計のGPAを算出し、総合成績評価を行います。


  3. 入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
    全体方針

    福祉学科では、今日の社会から求められている高齢者・障害者の介護や家族への介護指導並びに相談援助を担う資質の高い介護福祉士をはじめ、社会で広く活躍できる人材を養成することをめざしています。そのため、社会のあり方や人間理解、介護に関する考え方や相談援助のしかた、そして福祉の基本理念などを広く専門的に学びます。

    この教育目的・教育方針に基づき、本学科では、次のような人の入学を希望します。

    求める人物像
    • 人の幸せや社会のあり方に深く興味を示し、その人らしい生き方を大事にしようとする人。
    • 高齢者や障害がある人の生活を支える福祉・介護に関わる仕事に関心を持つ人。
    • 明朗快活で、心豊かに成長することをめざす人。

    高等学校で修得しておいてほしい内容
    • 高等学校の教育課程を幅広く修得している。
    • 国語総合(現代文)の基礎的な内容を身につけ、読む、書く、聞く、話すのコミュニケーション能力の基礎を身につけている。
    • 各種資格や検定(漢字、英語やPC検定など)の取得や、学校内外での諸活動(ボランティア活動を含む)に積極的に取り組んでいる。