富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  経営情報学科  >  Q&A

富山短大-Q&A

経営情報学科の魅力は何ですか?

Answerチームワーク力を高める協働学習

組織で仕事をする上で欠かせないのが、チームワーク力とコミュニケーション力です。

仲間とコミュニケーションを取りながら、次々と起こる問題の解決策をねばり強く考え、仲間と共に実行に移していくチームワーク力が欠かせません。

経営情報学科では、授業の中にグループワークなどの協働学習を採り入れ、仲間と共に問題の解決にあたり、発表しあい、振り返る機会を増やしています。これによって、様々な価値観や考え方を持つそれぞれの強みを活かすことで、より良い解決策が生まれることを知り、仕事に活かせるチームワーク力を高めます。



どのような資格が取得できるのですか?

Answerマルチ資格は仕事へのパスポート

仕事をする上で、実践的な知識や資格に裏付けられたスキルは必須です。経営情報学科では、わずか2年間で複数の資格を取得できます。また多くの学生が日商PC検定3級(文書作成、データ活用)に合格しています。

近年では上級資格の日商PC検定2級や簿記検定2級、ファイナンシャル・プランナー(FP技能士)に加え、職業人に求められる常識・マナーを証明する秘書検定の合格者数も増加しています。これらの資格・スキルを身につけた学生は、県内企業から高く評価されています。



インターンシップ制度について教えてください。

Answerインターンシップは社会への窓口

インターンシップとは、1年次の夏休みに1〜2週間、会社等で仕事を体験するものです。仕事をするとはどういうことか、社会人の常識やマナーとは、仕事のやりがいとは、などを体感できる絶好の機会です。

インターンシップに臨むにあたっては、1年次の前期に社会人としての常識やマナーをひととおり身につけます。研修後は、日報の整理や研修レポートの作成、就業体験の発表を行い、およそ8か月間のインターンシップ・プログラムが終了します。



四年制大学への編入学の状況を教えてください。

Answer四年制大学編入学試験も個別指導

経営情報学科では、四年制大学への編入学を希望する学生に対して、特別授業を用意しているほか、経済、経営、英語の3人の先生が個別指導にあたっています。

富山大学をはじめ新潟大学、信州大学、滋賀大学への編入学実績があります。また京都産業大学等、全国約40大学から指定校制推薦入試の適用を受けて、推薦で入学できる制度もあります。



図書館司書の資格とは何ですか?

Answer本好きの人のための図書館司書の資格

図書館で仕事をするためには、国家資格である図書館司書の資格が必要です。

富山県内で司書の資格が取れるのは富山短期大学だけで、毎年、20名前後の学生が司書の資格を取得しています。