富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  食物栄養学科  >  教員紹介  >  竹内 弘幸

富山短大-竹内 弘幸

氏名: 竹内 弘幸/たけうち ひろゆき/TAKEUCHI Hiroyuki
職名: 教授/学科長/博士(農学)
専門分野: 食品学、食品機能学、脂質栄養学
担当科目: 食品学総論、食品学各論、食品加工学



社会活動・学協会活動

これまで脂質の機能性に関する研究を中心に、基礎から応用まで研究を行ってきました。開発した素材(中鎖脂肪酸油)は、“体に脂肪がつきにくい”食用油として特定保健用食品の認可を受け、広く利用されています。

栄養学の発展に貢献すべく、トランス脂肪酸など、主に脂肪酸に関する動物実験やヒト試験の研究を行い、国内外での学会発表や論文発表をしています。富山県の特産品であるホタルイカの健康機能についても研究を行っております。また、正しい栄養学の知識を啓蒙するため、セミナー等で油脂栄養に関する講演なども行っております。進化栄養学という新しい視点から、生活習慣病の予防についての講演も行っています。最近話題の発酵食品、腸内フローラに関する講演も行っています。


講演例:
1.“進化栄養学”の視点から見た生活習慣病
 私たちは、どうしてバランスよく食べなければいけないのでしょうか。なぜ、気を緩めるとつい食べ過ぎて、太ってしまうのでしょうか。生活習慣病と栄養の関わりについてより理解を深めるために、「ヒトの進化」というちょっと変わった視点から、わかりやすい講演を行っています。

2.トランス脂肪酸について

マーガリンやファストフードなどに含まれるトランス脂肪酸。一体どんなものなのでしょうか。食べても大丈夫なのでしょうか。トランス脂肪酸の安全性について、わかりやすく解説します。

3.発酵食品と腸内環境(腸内フローラ)

腸内には、1000種類以上の腸内細菌が住み着いていると言われています。近年の研究によって、腸内環境は、肥満症、糖尿病、ガン、肌、性格とも関係していることが明らかにされつつあります。腸内環境を健康的にするために発酵食品をどのように取り入ればよいのでしょうか。腸内細菌に関する最新研究や上手な発酵食品の摂り方などについて、解説します。


所属学会:日本栄養改善学会(評議員、第66回学術総会会長)、日本油化学会(代議員)、日本栄養・食糧学会(参与)、日本肥満学会

受賞歴:日本栄養・食糧学会奨励賞、油脂工業会館優秀論文賞


卒業研究指導


1.トランス脂肪酸摂取量の調査

トランス脂肪酸(トランス酸)には血中コレステロール増加作用があり、過剰摂取による動脈硬化症のリスク増大が懸念されています。食事記録調査などを実施して、トランス酸摂取状況を明らかにしていきます。


メッセージ

高校生の皆さん、食に興味のある方へ、“食”は人間が生きるうえで、切り離せないものです。“食”に関係する職業は、どんな時代でも必要とされます。富山短期大学で“食品と栄養”について2年間学び、“食”のスペシャリスト、栄養士をめざしませんか?


Office Hour

  研 究 室   F402

 OfficeHour  月/16:30〜18:00






研究業績

  1. 学術論文
    1. Takeuchi, H., Futatsuya, C., Miki, A., Tabuchi, E., and Sugano, M. : Supplementation with trans fatty acid at 1% energy did not increase serum cholesterol irrespective of the obesity-related genotypes in healthy adult Japanese, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition (in press).
    2. 竹内弘幸,広沢優衣,豆本真理恵,八幡澄美,明嵐さおり:富山県在住の女性における脂質摂取量とヘモグロビンA1cとの関連.日本栄養・食糧学会誌 69,117-121 (2016).
    3. Takeuchi, H., Nishimura, Y., Ohmori, A. and Eiichi Tabuchi. : Little effect of supplementation with 0.6% energy trans fatty acids on serum cholesterol levels in adult Japanese women, Journal of Nutritional Science and Vitaminology 61, 422-425 (2015).
    4. Takeuchi, H., Morita, R., Shirai, Y., Nakagawa, Y., Terashima, T., Ushikubo, S., Matsuo, T. : Lowering effect of firefly squid powder on triacylglycerol content and glucose-6-phosphate dehydrogenase activity in rat liver, Journal of Oleo Science 63, 1293-1301 (2014).
    5. 竹内弘幸,岩アあゆ実,大森聡:日本人成人女性におけるトランス脂肪酸摂取量の現状.栄養学雑誌 72, 76-83 (2014).
    6. Takeuchi, H., Kutsuwada, T., Shirokawa, Y., Harada, S., and Sugano, M. : Supplementation of 1% energy trans fatty acids has little effect on serum cholesterol levels in healthy young Japanese women. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 77, 1219-1222(2013).
    7. Ochiai, M., Fujii, K., Takeuchi, H., and Matsuo, T. : Effects of dietary trans fatty acids on fat accumulation and metabolic rate in rat. Journal of Oleo Science 62, 57-64 (2013).
    8. Takeuchi, H., Ito, E., Tomioka, T., Tabuchi, E., Fuhshuku, K. and Asano, Y. : Trans fatty acid intake and serum cholesterol levels in young Japanese women. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 76, 1627-1632 (2012)
    9. Takeuchi, H., Yamaki, M., Hirose, K., Hienae, C., Tabuchi, E. and Sugano, M. : Effect of 0.6% energy of trans fatty acid on serum cholesterol concentrations in healthy young Japanese subjects. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 75, 2243-2245 (2011)
    10. Murano, Y., Funabashi, T., Takeuchi, H., and Matsuo, T. : Dietary soybean phospholipids increase the oxidative stability of lipids extracted from fish fillets. Journal of Oleo Science 59, 457-462 (2010)
    11. Ooyama, K., Kojima, K., Aoyama, T., and Takeuchi, H :Decrease of food intake in rats after ingestion of medium-chain triacylglycerol. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 55, 423-427 (2009)
    12. Takeuchi, H., Sekine, S., Noguchi, O., Murano, Y., Aoyama, T. and Matsuo, T. :  Effect of life-long dietary n-6/n-3 fatty acid ratio on life span, serum lipids and serum glucose in wistar rats. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 55, 394-399 (2009)
    13. Ogawa, A., Suzuki, Y., Aoyama, T. and Takeuchi, H. : Dietary alpha-linolenic acid inhibits angiotensin-converting enzyme activity and mRNA expression levels in the aorta of spontaneously hypertensive rats. Journal of Oleo Science 58, 355-360 (2009).
    14. Ogawa, A., Suzuki, Y., Aoyama, T. and Takeuchi, H. : Effect of dietary alpha-linolenic acid on vascular reactivity in aorta of spontaneously hypertensive rats. Journal of Oleo Science 58, 221-225 (2009).
    15. Matsuyama, A., Yoshimura, K., Shimizu, C., Murano, Y., Takeuchi, H. and Ishimoto, M. : Characterization of glutamate decarboxylase mediating gamma-amino butyric acid increase in the early germination stage of soybean (Glycine max [L.] Merr). Journal of Bioscience and Bioengineering 107, 538-543 (2009).
    16. Murano, Y., Funabashi, T. and Takeuchi, H. : Improvement in storage stability of fish fillets using dietary soybean phosphatidylcholine and phosphatidylethanolamine. Food Science and Technology Research 15, 163-170 (2009).
    17. Sekine, S., Sasanuki, S., Murano, Y., Aoyama, T. and Takeuchi, H. : Effect of α-linolenic acid-rich flaxseed oil ingestion on plasma adiponectin level in rats. International Journal for Vitamin and Nutrition Research 78, 223-229 (2008)..
    18. Takeuchi, H., Kojima, H., Sekine, H., Murano, Y. and Aoyama, T. : Effect of dietary n-6/n-3 ratio on liver n-6/n-3 ratio and peroxisomal -oxidation activity in rats. Journal of Oleo Science 57, 649-657 (2008).
    19. Murano, Y., Funabashi, T., Sakai, R., Hosokawa, Y., Mita, Y. and Takeuchi, H. : Improvement in storage stability of pork fat using dietary soybean phospholipids. Food Science and Technology Research 14, 471-476 (2008).
    20. 20. Murano, Y., Funabashi, T., Sekine, S. and Takeuchi, H. : Improvement in storage stability of fish fillet using dietary soybean phospholipids. Food Science and Technology Research 14, 55-61 (2008).
  2. 総説・解説
    1. Takeuchi, H. and Sugano, M. : Industrial trans fatty Acid and serum cholesterol: The allowable dietary level, Journal of Lipids 2017, article ID 9751756, 10 pages. https://doi.org/10.1155/2017/9751756.
    2. 竹内弘幸:進化栄養学の視点から学べること,明日の食品産業466号,3-5 (2016).
    3. 竹内弘幸:ホタルイカの健康機能性について,JATAFFジャーナル3(8),15-19 (2015).
    4. 竹内弘幸,菅野道廣:トランス脂肪酸と健康問題,明日の食品産業425号,17-21 (2012).
    5. 松尾達博,竹内弘幸:脂肪酸と体脂肪蓄積の関係,肥満と糖尿病 10,849-851 (2011).
    6. 竹内弘幸,近藤和雄:トランス脂肪酸研究に関する一考察,機能性食品と薬理栄養 6,183-198 (2010).
    7. Takeuchi, H., Sekine, S., Kojima, K. and Aoyama. T. : The application of medium-chain fatty acids: edible oil with a suppressing effect on body fat accumulation. Asia pacific Journal of Nutrition 17, 320-323 (2008).
    8. Takeuchi, H., Sekine, S. and Seto, A. : Medium-chain fatty acids - Nutritional function and application to cooking oil. Lipid Technology 20, 9-12 (2008).
    9. 竹内弘幸:高度不飽和脂肪酸とオレイン酸の健康栄養効果,オレオサイエンス 7,391-397 (2007).
    10. 竹内弘幸,青山敏明:経腸栄養剤(食品)におけるMCTの意義,臨床栄養 1061,769-772 (2005) .
    11. 竹内弘幸、青山敏明:中鎖脂肪酸の機能とその応用,バイオサイエンスとインダストリー 62,30-33 (2004).
    12. 竹内弘幸:食餌脂肪の分子種と体脂肪蓄積に関する研究,日本栄養・食糧学会誌 57,51-58 (2004).
    13. 竹内弘幸:食餌脂肪の分子種と体脂肪蓄積に関する研究,日本栄養・食糧学会誌 57,51-58 (2004).
  3. 書籍
    1. 海老原清,渡邊浩幸,竹内弘幸編,食べ物と健康,食品と衛生 食品加工・保蔵学,講談社,東京(2017).
    2. 竹内弘幸,5.油脂食品,食べ物と健康,食品と衛生 食品学各論第3版,小西洋太郎,辻英明,渡邊浩幸,細谷圭介編,p.125-133,講談社,東京(2016).
    3. 辻英明,海老原清,渡邊浩幸,竹内弘幸編,食べ物と健康,食品と衛生 食品学総論第3版,講談社(2016).
    4. Takeuchi, H., Moriyama, H., Bagchi, D. and Raychaudhuri, S.P. : Ptential health benefits of n-3 and n-6 fatty acids in selected plant seed oils in rheumatoid arthritis. In : Arthritis (Baguchi, D., Moriyama, H. and Raychaudhuri, S.P. eds), CRC Press, Florida. (2011).
    5. Takeuchi, H. : Healthy cooking oil which suppresses fat accumulation on the body: Application of biotechnology in the edible oil, In : Biotechnology in Functional Foods and Nutraceuticals (Bagchi, D., Lau, F. and Ghosh, D. eds), CRC Press, Florida. (2010).
    6. 竹内弘幸:n-6 PUFA強化食品,食品機能性の科学(西川研次郎監修),産業技術サービスセンター,p.814-818 (2008).
    7. 日本栄養・食糧学会編,栄養・食糧学用語辞典(藤本健四郎編集長),建帛社 (2008).
    8. 竹内弘幸:油脂産業におけるバイオテクノロジー応用例,バイオテクノロジー総覧(日本能率協会編集),p.506-514,通産資料出版(2005).
    9. 竹内弘幸:中鎖脂肪酸の生理機能,機能性脂質の新展開(鈴木修、佐藤清隆、和田俊監修),p.176-184,シーエムシー(2000).
    10. 竹内弘幸:脂質系食品とその機能 当社製品について(日清バランスオイル),長寿食のサイエンス(木村修一,井上修二,大澤俊彦,鈴木健夫編),p.500-501,サイエンスフォーラム(2000).
  4. 特許
    1. 松山綾,高本奈緒,村野賢博,竹内弘幸:高蛋白質低グルコシノレート菜種ミールの製造法,特許第5601763号(2014).
    2. 舩橋智子,村野賢博,竹内弘幸,斎田利典,阿部啓之,山崎信,中島一喜:家畜用飼料組成物,特許第5546720号(2014).
    3. 野田竜治,関根誠史,櫻井智香,竹内弘幸,生稲淳一,豊島尊:油脂組成物および該当油脂組成物を含有する飲食物,特許第4767919号(2011).
    4. 竹内弘幸,板倉めぐみ,久保田文江,田口信夫:油脂組成物,特許第4733246(2011).
    5. 生稲淳一,竹内 弘幸,高橋 勇:穀粉加工食品,特許第4255217号(2009).
    6. 長澤丈志,竹内 弘幸,田口 信夫,板倉 めぐみ:食用油の製造方法,特許第4001616号(2007).
    7. 長澤丈志,竹内弘幸,田口信夫,板倉めぐみ:食用油,特許第3998355号(2007).
    8. 日高一郎,竹内弘幸,土谷望:血中脂質改善機能を有する食用油,特許第3597437号(2004).
    9. 溝渕春気、竹内弘幸:低カロリー油脂、特許番号題3135370号(2000)
    10. 竹内弘幸,溝渕春気,無類井建夫,竹内久直:血中脂質低下剤,特許第3009017号(1999).
    11. 竹内弘幸,溝渕春気,無類井建夫,竹内久直:肥満予防剤,特許第2646421号 (1997).
    12. 米国特許:竹内弘幸,板倉めぐみ、久保田文江、田口信夫, Oil or fat composition, 特許US7470445 B2, (2008).
    13. 中国特許:竹内弘幸,板倉めぐみ、久保田文江、田口信夫,油脂組合物, 特許第ZL 00 8 19840.3 (2007)
    14. 韓国特許:竹内弘幸,板倉めぐみ、久保田文江、田口信夫,油脂組成物,特許第661780(2006).
    15. 台湾特許:竹内弘幸,板倉めぐみ、久保田文江、田口信夫,油脂組成物, 特許第202746号 (2004)
    16. 米国特許:竹内弘幸,板倉めぐみ、久保田文江、田口信夫, Oil or fat composition, 特許US 6835408 B2, (2004).