富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  食物栄養学科  >  教員紹介  >  田淵 英一

富山短大-田淵 英一

氏名: 田淵 英一/たぶち えいいち/TABUCHI Eiichi
職名: 教授/専攻科長/医師/医学博士
専門分野: 脳神経科学、脳機能解析学
担当科目: 解剖生理学、解剖生理学実験



社会活動・学協会活動

人および動物の脳機能について幅広く研究を行ってきました。最近では、食による病気の治療を目的とした「発芽玄米摂取によるアレルギー治療効果の検証」や「栄養・作業・運動の複合的治療による認知症治療効果の検討」の研究を行っています。執筆活動では、「ボケないための脳トレーニングドリル」(PHP研究所)をはじめ、脳のはたらき、脳の正しい使い方について、本、雑誌、TVで紹介しています。


卒業研究指導

私は、生理学、とくに脳・神経生理学を専門とした研究を行っています。そのため、神経系に関連した研究を主題とした卒業研究テーマに取り組んでいます。昨年度は、以下の2つのテーマについて、学生10名と取り組みました。


 1)飢餓体験による心身機能の変化
 2)強負荷運動による味覚感受性・嗜好性の変化

1)では、教科書に記載されている味覚受容器の分布と2001年にScience Americanに発表されたデータが異なっていることから、どちらの情報が正しいのかを確かめるために、ヒトの味覚受容器がどのように分布しているのかを実験によって調査します。

2)では、運動負荷による様々の味物質の嗜好の変化を調べるため、体重を1%減らす強負荷運動により、基本味である甘味、塩味、酸味、苦味の感受性がどう変化するかを全口腔法を用いて調べます。


メッセージ

世の中知っておくと得をする知識が沢山あります。また、歳を追うごとに脳の使い方も変化するため、自分(脳の働き)も変わっていきます。したがって、人生は生きてから死ぬまで勉強です。基本的に、脳は身体と同様に、使えば使うほど機能が高まります。正しい脳の使い方を知って、人生を賢く楽しく過ごしましょう。


Office Hour

  研 究 室   F510

 OfficeHour  月/13:10〜16:30






著書


著書名:3歳からの脳トレーニングドリル
出版社名:PHP研究所


著書名:物忘れが気になる人の脳トレーニングドリル
出版社名:PHP研究所


著書名:ボケないための脳トレーニングドリル
出版社名:PHP研究所


著書名:書くだけで、気持ちが安らぐ 写経の練習帖
出版社名:ダイヤモンド社


著書名:脳パズルキング
出版社名:インフォレスト


著書名:脳活写経
出版社名:東京書道教育会


著書名:脳を鍛えるお絵描きドリル
出版社名:青春出版
監修者:田渕英一


著書名:脳を鍛える鉄道ドリル
出版社名:大泉書店
監修者:田渕英一


著書名:丈夫がいいね 4 おたっしゃで
出版社名:北國新聞社


著書名:丈夫がいいね 13 もの忘れクリニック
出版社名:北國新聞社


著書名:丈夫がいいね 27 心を軽く
出版社名:北國新聞社


著書名:丈夫がいいね 31 老いを前に
出版社名:北國新聞社


著書名:丈夫がいいね 36 目標を持って
出版社名:北國新聞社


著書名:楽しくチャレンジ 脳を鍛える − ドリル&おもしろ解説
出版社名:北國新聞社