富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  幼児教育学科  >  三つの方針

富山短大-三つの方針

三つの方針
  1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
    幼児教育学科が育成する人材像

    幼児教育学科では、本学科がめざす人材像への到達に向けて、以下の学修成果を挙げ、本学の卒業要件を満たした者に、短期大学士(保育学)の学位を授与します。

    「育成する人材」に必要な力
    1. 保育・幼児教育及び子育て支援についての専門的な知識と技能を有する人。
    2. 子どもや子どもが育つ環境に高い関心をもち、論理的に考察するとともに適切に判断し実践する力を有する人。
    3. 信頼関係を基本とする人間関係を構築し、子どもの福祉を守る社会的使命を果たそうとする人。
    4. 子どもに対する深い愛情と豊かな感受性・共感性を備え持つ人。
    5. 自らを省察し、他者と協働して保育者としての資質の向上を志向する人。

  2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
    教育課程編成方針

    幼児教育学科がめざす人材を育成するために、次の三つの柱を基本に教育課程を編成し、実施します。

    1. 幅広い教養と豊かな人間性を育む教養教育
    2. 広く人間や社会、自然について学び、専門教育に備えるとともに、現代社会に必要なコミュニケーション技術を身につけ、健康で豊かな人間性を育みます。
    3. 高度な専門性と実践力を有する保育者養成のための専門教育
    4. @ 保育の本質や目的を理解します。
      A 保育の対象となる子どもや家庭について理解します。
      B 保育の内容や方法を理解し、保育に必要な表現技術を身につけます。
      C 保育の実習を通して、保育内容の実践的理解と知識や技能の活用を図ります。
      D 総合演習を通して、保育の課題を探究し、主体的に解決する力を育みます。
    5. 豊かな感性と子どもへの深い愛情を育む全人的教育
    6. 体験を通しての気づきを重視した授業内容及び課外活動によって、保育者に必要な感受性・共感性と子どもへの深い愛情を育みます。


    教育課程実施方針(学修過程)

    1年次前期には、@子どもを理解するために必要な専門的知識を習得し、保育の基礎的な表現技術を身につけます。Aまた、子どもを取りまく社会状況や保育に関する制度等を把握します。Bさらに、あらゆる学びを通して、子どもを尊重することの大切さと感性の重要性を理解します。
     1年次後期には、@子どもの発達支援に必要な保育技術を身につけます。Aまた、自らの保育実践をふりかえり改善につなげるPDCAサイクルを理解し、実践します。Bさらに、社会におけるコミュニケーションの基本的技術と態度を確認します。
     2年次前期には、@5領域を基本とする保育内容の専門的知識を深め、保育を展開する技術を身につけます。A実践的な学びを通して、子どもに対する理解を深めるとともに、応答的に保育を展開する応用力を身につけます。Bさらに、現代的な保育課題について情報を収集し、考察を深める能力を身につけます。
     2年次後期には、@これまでの保育に関する学びを有機的に関連づけながら、必要な保育実践力について学びを深めます。Aまた、自らの保育実践を振り返り、子どもに対する深い愛情や豊かな感受性、共感性を確認し、自己課題を明確にします。Bさらに、他者と協働しながら課題解決にむけて意欲的に取り組み続ける姿勢を身につけます。


    学修成果の評価

    各教科目の成績評価は、シラバスであらかじめ示された評価方法により、学修成果別評価基準(ルーブリック)に沿って、厳正に行うことを基本とします。
     学期毎及び累計のGPAを算出し、総合成績評価を行います。


  3. 入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
    全体方針

    幼児教育学科では、子どもの発達援助や保護者の子育て支援に必要な知識と技術を学ぶとともに、その基礎となる優れた感性と子どもへの深い愛情という豊かな人間性を備えた保育専門職の養成をめざしています。

    この教育目的・教育方針に基づき、本学科では、次のような人の入学を希望します。

    求める人物像
    • 子どもの心を理解する感性を磨き、子どもへの愛情を豊かにしようとする人
    • 子どもの発達援助や保護者の子育て支援等に、強い意欲を持つ人
    • 子どもや保護者を取り巻く社会環境のあり方や変化に、高い関心を持つ人

    高等学校で修得しておいてほしい内容
    • 高等学校の教育課程を幅広く修得している。
    • 国語(現代文)、英語(英語表現T、コミュニケーション英語T・U)等の基礎的な内容を身につけ、読む、書く、聞く、話すのコミュニケーション能力の基礎を身につけている。
    • 「体育」・「芸術」などの表現技能や「家庭」などの生活に必要な基礎的な技能の向上を図る努力をしている。
    • 各種資格や検定(漢字、英語やPC検定など)の取得や、学校内外での諸活動(ボランティア活動を含む)に積極的に取り組んでいる。