富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  幼児教育学科  >  学科長メッセージ

富山短大-学科長メッセージ

素直な心とふれ合う日々が、自分を育み、未来を広げてくれる。

少子化・核家族化など子どもや家庭を取り巻く環境が大きく変化する中、保育者には、子どもの育ちを援助し、保護者の子育てを支援し、地域で子どもを育む環境づくりに努めるという幅広い役割が求められています。そのため、保育者は専門職として様々な知識と技術および判断力を身につける必要があります。

しかし、子どもたちの表現の奥底にある心を理解する感性や、子どもたちの幸せのために尽くそうとする愛情がなければ、どんな知識や技術も生きてきません。

幼児教育学科では、各分野にわたる学習と充実した実習をとおして、知識・技術や判断力はもちろん、優れた感性と子どもへの深い愛情という豊かな人間性を備えた保育者の養成をめざしています。

学科長 赤川 雅和