富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座
ホーム  >  幼児教育学科  >  卒業生メッセージ

富山短大-卒業生メッセージ



短大時代は、いつも一番前の席に座るようにして、積極的に自分から勉強していました。先生の「人には乗り越えられない壁はない」という言葉には、就職した後も励まされていますね。先生も友達もとてもあたたかくて、学びやすい環境が整っていたと思います。いま大切にしているのは、子どもを好きになり、信頼すること。悪い部分だけを見るのではなく、一人ひとりの良いところを認めてほめてあげること。子どもが友達に思いやりや優しさを見せてくれた時はとてもうれしいですね。毎日が勉強ですが、一緒に成長していけたらと思います。

県内 保育園勤務 保育士




全ての基本は大学で学んだ、そういえるくらい私にとって富山短大での2年間は貴重で充実したものでした。まだ男性の保育士は少ないですが、男性ならではの個性を活かせる仕事だと思います。自分という人間が、子どもという人間と接するわけですから、大切なのは人間性なんですね。これからもっと、自分自身の人間性を磨いて、子どもたちとともに成長していきたいですし、保護者からの質問にも的確に答えられる知識を身につけていきたいですね。

県内 保育園勤務 保育士




この2年間は、授業や実習で忙しい毎日でした。しかし、幼稚園教諭や保育士の勉強をしていくうちに、もっと学びたい、素晴らしい人になりたいという気持ちが高まっていきました。この学校に来て先生に恵まれ、友達にも恵まれ、とても幸せでした。トミタンの幼教での生活は、私に一生分の自信と勇気をくれたと思います。この大学で学ぶことができて本当によかったです。

県内 幼稚園勤務 幼稚園教諭




富山短大の創成期に学び、今からみんなで創りあげていこうというエネルギーを強く感じました。一番の思い出は、人形劇のサークルで仲間と熱心に活動したこと。先生方の親身な指導や、授業で本物に触れることができた感動も、やはり忘れることができません。現在の所長としての大切な役割は、地域の人とのコミュニケ−ションとネットワ−クづくり。保護者から地域から信頼される保育所であることです。富山短大の卒業生は皆さん優秀で、同窓生としてもうれしい限りです。子どもたちの成長のよろこびを、今後も一緒に味わっていけたらと思っています。

県内 保育所 所長




幼児教育学科の創成期に学びましたが、みんな本当に一生懸命勉強していたことを思い出しますね。現在は、市内の2つの幼稚園の園長をしています。幼稚園の役割として、子どもたちの教育はもちろんのこと、地域の方との結びつきがとても大切です。近くのデイサービスセンターに月1回出かけてお年寄りと交流したり、既設のお祭りやイベントの際には、さまざまな援助をしていただくことも多いんですよ。普段外で遊ぶことが少なくなっている子どもたち。散居の豊かな風景の中を散歩して、自然の素晴らしさや、地域の良さに、もっと気づかせてあげたいですね。

県内 幼稚園 元園長




私は幼児教育学科の草創期に学びました。当時は授業のあり方を模索する状態でしたが、先生方は誠心誠意で私たちに向き合ってくれました。今も短大の先生方にお会いする機会がありますが、そうした「一生懸命さ」は昔も今も変わらないと感じますね。私はここで園長を務めて2年目になります。若い頃に担任した子が大きくなって訪ねてきてくれたり、担任した子が親になってその子どもが入園してきたり。こうしたことは他の職業では味わえない幸せだと思います。

県内 幼稚園 元園長